【新小岩】純喫茶 マンボウ

新小岩には芸術性あふれる大ヒットがない代わりに、地元の方がさりげなく利用する町喫茶が点在している。

江戸川区役所手前の大通りに面した「純喫茶 マンボウ」もそんな一軒。

純喫茶 マンボウ

純喫茶 マンボウ

東京都江戸川区中央4-11-1

純喫茶 マンボウ 純喫茶 マンボウ

喫茶マンボウ、珈琲マンボウとバラバラな表記に紛れ、純喫茶マンボウを発見。壊れかけているが、純喫茶唯一の砦でもあるので、これだけは今後とも死守していただきたい。

純喫茶 マンボウ 純喫茶 マンボウ

こじんまりしているが、純喫茶度は高い。

椅子は深紅のベルベット、テーブルは純喫茶でよく見かけるマーブル模様のもの(名称が分からない)、やや大ぶりなランプシェードは琥珀色。ストンと落ちる王道の純喫茶色。

窓際の雰囲気が良かった。カーテンの透け具合も良くて(またここに着目してしまう)。

カウンターには、少しゴージャスで素敵なライトが付いていた。

茶色く変色した壁は、良い枯れ具合。

BGMはクラシック音楽。

これである程度の広さがあったら、かなり好み。

ところが男性客が入店し、窓際の席にどっかり座り、しょうが焼きを注文した途端、クラシック音楽からテレビに切り替わった。(>_<)
嗚呼!

純喫茶 マンボウ

江戸川区には競艇場があるが、その土地柄を反映して(?)、メニューには競艇の写真。うーーん (-_-;

もしや競艇ファンの集い場?

そういえば競輪ファンの集まる純喫茶「サラダ&パンケーキの店 レナ」(茨城県日立市)なんてのもあった。

純喫茶 マンボウ

こちらの夏限定メニューは店名のマンボウらしきのどかな海の夏風景。

純喫茶 マンボウ

コーヒー。

利用金額

  • コーヒー 430円

関連記事

 

8/1発売・書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

あかりのママ

行って来ました。マスターは沼田元気さんの純喫茶の本に名物マスターのコーナーに載ったそうで、本を見せてくれました。服装が同じでした。お話し好きで、あと10年はがんばりたいとおっしゃってました。ランチタイムが戦場なんだそうです。ランチは区役所、保健所、税務署の男性常連客で混んでいるそうです。おしること磯辺巻きも隠れた人気メニューだそうです。コーヒーが美味しくて、マスターのこだわりを感じました。公務員は仕事の後には喫茶店に来ないそうで、私がお邪魔した夕方は、私一人でした。マンボウの由来をきいたら、「それは内緒、言わないよ」とのことでした。

エムケイ

>あかりのママさん
>マスターは沼田元気さんの純喫茶の本に名物マスターのコーナーに載ったそうで、本を見せてくれました。

それは知りませんでした。
隠れた有名店だったんですね。
あと10年頑張りたい! おお、それは頼もしい。
ここは区役所の近くなので、平日のお昼はお客さんが多いんでしょうね。
大体コーヒーだけというよりランチ目当てのお客さんなんでしょう。
マンボウの由来は内緒ですか。
意外とあっけない理由のような気がします。
非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: