2015/07/13(月)  CATEGORY:新宿近辺

【新宿】新宿 スカラ座 (2015年8月31日閉店)

午後10時の新宿。開いている喫茶店は少ない。

いくつかの候補を挙げ、「新宿 スカラ座」に行くことになった。11時までやっているし、4人だったので、1人だと座れない奥のスペースに座る良い機会でもある。

ところが、いざ店の前に来てビックリ! 閉店のお知らせが出ているではないか!

新宿 スカラ座

新宿 スカラ座

東京都新宿区西新宿1-1-1 小田急エース北館西

新宿 スカラ座

なんなのこれ・・・。一同騒然。

新宿スカラ座は元々歌舞伎町にあった古色蒼然たる名曲喫茶だったが、2002年に閉店、その後小田急エースで復活した純喫茶である。

私は一度だけ歌舞伎町の旧スカラ座に入ったことがあるが、それはそれは素晴らしい異世界だった。

蔦の絡んだ古めかしい外観は、ホラー映画に出てくる洋館みたいだった。独特のオーラを放っており、場所が場所なので、客層がヤバいんじゃないか? それともお化け屋敷だとか? それは相当に怪しい妄想を膨らませて入店したので、あまりに素敵すぎて腰を抜かしそうになった。

細かな記憶はかなりいい加減だが、店内は高低差があり、臙脂のベルベットの椅子が並んでおり、煉瓦のパーテーションで仕切られていた(間違ってるかも・・・)。店員さんはメイド服みたいな制服。確実に間違いないのは、クラシック音楽が流れていたこと。旧スカラ座を思い出すとき、脳内にはフルートの音が鳴る。

新宿 スカラ座

恥ずかしい話だが、歌舞伎町の店が2002年に閉店したことをずっと知らず、「とっくに閉店しているよ」と言われショックを受けたのが2008年。その後、西口の小田急エースで復活したと知り、もうそれこそ喜び勇んで駆けつけたのが2009年。そこでまた2度目のショックを受けたのである。

外観がチェーン店ぽい! 高低差がない! 綺麗すぎる! う~~~!というか、なんか全体的に全然違う。

しかも1人で入ったので、即カウンターに通された。奥は臙脂の椅子が並んでいるのがチラリと見えたが、足を踏み入れることはできなかった。

けど、今回は念願の奥の間!

新宿 スカラ座 新宿 スカラ座 新宿 スカラ座 新宿 スカラ座 新宿 スカラ座 新宿 スカラ座

ちょっとちょっとちょっとーー! なになに前と全然違う!

こんなに奥が広いとは知らなかった。臙脂の椅子には白いカバー。クラシカルな雰囲気。もちろん年月を経た味わいとスケールは歌舞伎町時代には全然敵わないが、それでもこれはこれで素敵だと思った。

壁には大きなレリーフと、4つのステンドグラス。同行者に藤代清治の影絵で、四季があるのだ教えられる。これが雰囲気作りに大きな役割を果たしていた。うっかり1つは写真を撮り損ねたが、3つはカメラに収めた。

新宿 スカラ座

とくに一番好きなのはこの席のもの。

新宿 スカラ座

画面いっぱいにふわふわ風船が浮かび、小人が笛を吹く。ノスタルジックで抒情的。

新宿 スカラ座

端にはサイン。

新宿 スカラ座

各テーブルには灰皿とマッチがセットされている。

新宿 スカラ座

ココア(バンホーテン)850円

値段はやはり全体的に高い。コーヒーは650円。場所代として割り切るにしても、そう何度も通えないよなあと思ってみたり。

新宿 スカラ座

ただ老舗店にはこんなのもあったりして。店名の刺繍入りコースター、伝票。

新宿 スカラ座

もう、こうなったら一気に勢揃い。

新宿 スカラ座

後から紙ナプキンもいただけた。ありがとうございます!

新宿 スカラ座

開店35周年記念の灰皿は300円。

新宿 スカラ座 新宿 スカラ座

50周年記念コースターは300円。

この値段なら、と全員灰皿とコースターを購入。ただ、コースターだけは50周年の箱入りは最後の1つしか残っていなかったため、私含む3人は100円の箱なしを購入。

あと、私は無理だが、店内調度品も販売しているそうなので、興味のある方はぜひ。

新宿 スカラ座

なんだか伝票がカオスなことに・・・。

この日は井の頭線沿線の超個性的な店主が営む料理店にて、大変美味しい料理に満足したものの、想定を上回るキャラの濃さに完膚無きまで叩きのめされたのだった。その後心落ち着けてのコーヒータイムのはずが、昭和29年から続く老舗純喫茶の閉店を知り、心穏やかに終われない一日となった。

最後にもう一度繰り返す。
新宿スカラ座は8月31日に閉店する。

利用金額

  • ココア 850円
  • 灰皿 300円
  • コースター 100円

関連記事

[ コメント 10 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

あの日、予定外にスカラ座に行けてよかったでやす。
灰皿入手できたし。
この場所になってのスカラ座訪問、あっしは最初で最後でやす。

その前に行った料理店は、別段驚かなかったでやす。
何故ならあっしは、ヒッピーあがりの店主の営む飲食店を多く経験してきているので。
あの店主は世代的にも元ヒッピーではないとは思いやすが
元ヒッピーの店主って、ああいう感じでやす。
まぁ、その辺りの話は後日に(◎o◎)b
2015-07-13 10:39 : ぼんぼちぼちぼち URL : 編集
>ぼんぼちぼちぼちさん
あの流れでないとスカラ座に行くことはなかったですよね。
運命とは分からないものです(笑)。

その前に行った料理店。
別段驚かなかったというのに驚きです!
ただあの美味しさは事実。あれだけ驚きの連続で疲労したにも関わらず、あの料理を食べにまた行きたいと思っています。

2015-07-13 20:59 : エムケイ URL : 編集
昔の思い出
初めまして、以前から時々、見させて頂いております
私、1980年代後半から10年間くらい、歌舞伎町のお店に通いました。

>店内は高低差があり、
    ↑
よく、憶えてらっしゃいますね。

入口をあけると、半地下みたいになっており、
 すぐ、横に階段があり2階に行けるようになってた記憶です。

油引きの木材の床(2階)大きなステレオ
  そして、ママさん?責任者の女の方?かな?

全身、黒のドレスのような服装で←(店員さんはメイド服みたいな制服)
 クレオパトラのような髪型 ←この事だと思います。

>煉瓦のパーテーションで仕切られていた
        ↑
煉瓦の上に植物を置いてある場所もあったような記憶です。
 主様の記憶、あっていますよ。

跡地はラーメン店になっていましたね。

その昔は、歌舞伎町といえば、スカラ座の並びの王城か、
スカラ座、白馬車、でしたが、もうすべてありませんね。
マイアミは何軒もあったので、待ち合わせなどに使うと、
どこの場所のマイアミか、わからなくなるので、
王城かスカラ座と言っていましたね。(人に伝える時)

純喫茶に行くのが日課でしたが、通っていたお店は、
すべて、なくなりました。(寂しいですよね)

楽しく、読ませて頂いております。
  ご自愛なされまして、これからも頑張って下さるように願っております。

乱文失礼致しました。
2016-01-05 18:48 : 紅 URL : 編集
>紅さん
歌舞伎町のスカラ座で10年働いてたのですね!
私の一回だけの拙い記憶も合っていて嬉しいです。
純喫茶を好きだと自覚する前だったので、写真を撮る習慣はなく、そこで過ごした記憶だけが頼りですが、ある意味今より幸せな時間でもありました。

王城は名前はよく聞きます。ゴージャスだったのでしょうか。
白馬車は手元に頂き物のマッチ箱がありますが、「渋谷第一銀行つうじん通り」となっています。

http://f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sabinek/20160105/20160105210251.jpg

側面を見ると、「姉妹店 大トリスバー スカラ館」という記載もあります。関係ありますでしょうか?

他にもマッチ学会での頂き物の新宿の古い喫茶店のマッチがありますので、写真のリンク載せておきます。
もしかしたらご存知の店があるかもしれないので。

蔵王(新宿歌舞伎町桜通り)
http://f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sabinek/20160105/20160105210256.jpg

オリオン(新宿東口駅前通り)
http://f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sabinek/20160105/20160105210253.jpg
※こちらは1.2.3.4階純喫茶!

名曲プリンス(新宿三越裏中央通り)
http://f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sabinek/20160105/20160105210254.jpg

2016-01-07 21:39 : エムケイ URL : 編集
エムケイさんへ
こんばんは、再度失礼致します。

歌舞伎町のスカラ座で10年働いてたのですね!
        ↑
ごめんなさい。書き方が悪かったですね。
 10年間ぐらいの間、珈琲を飲みに行っていた、という意味です。
すみません。

白馬車は何軒かありまして、今のアルタ裏にもあった記憶があります。
申し訳ありませんが、渋谷のお店は知りません。

蔵王(新宿歌舞伎町桜通り)
    ↑
桜通りに靖国通りから入りますと、すぐ左側に喫茶{道}
 通りすぎて、右側ではないでしょうか。(30年くらい前)

オリオンは入った事がありません。(記憶にないです)

歌舞伎町。記憶にあるのは、今現在の漫喫マンボウ(昔は上高地)の
斜め前に喫茶小島屋(別名ピッコロ)

セントラルロードから靖国通りを渡り、新宿駅側、喫茶アベルデ(2階立て)

主様、書いておられる、パリジェンヌの斜め前(区役所通り渡る)にも
喫茶{紫煙}ありました。
その並びに喫茶{サンフラワー}いいお店でしたよ。

歌舞伎町交番通りにあるクィーンだったかな?あそこは昔喫茶トゥモローでした。

王城は名前はよく聞きます。ゴージャスだったのでしょうか。
            ↑
お城のような、外観でまぁ中はゆったりしてたですね。
今でも、外観の建物は残ってるのでは?ないでしょうか?
カラオケボックスになってますよ。

昔のスカラ座の横に小さな鳥居がありますね。その横です。

もう、残っている中で、昔よく行ったのは、タイムス(新宿南口)
同じく、西武、らんぶる、くらいでしょうか。

たくさん当時はありましたからね、
私もしばらく、歌舞伎町辺には行っておりませんので、間違いあればお許し下さい。

返信ありがとうございました。
  乱文と長文失礼致しました。
2016-01-07 22:47 : 紅 URL : 編集
>紅さん
すみません。勝手に働いてたと思い込んでいて。よく見たらきちんと通っていたと書かれてましたよね。

新宿の喫茶店もほとんどなくなったのだと思いますが、それでもパリジェンヌ、タイムス、西武、らんぶると残っている店があったりするのですよね。

王城は外観は知ってます。
ここか~!と見上げてしまいます。
2016-01-12 20:35 : エムケイ URL : 編集
新宿スカラ座再開
歌舞伎町店、エース店と利用していました。我々の世代だとスカラ座は青春の思い出の1ページです。新宿に行くと必ずエース店を利用していましたので閉店は残念でした。しかし、スカラ座は16年4月から、中軽井沢の北口数分の奥まったところで再開しました。店は小さく10人程度しか入れません。店内の雰囲気も昔ほどではありませんが、コーヒーの味は変わってません、歌舞伎町手店地下に飾ってあった彫刻の板も飾ってありました。
2016-06-22 05:45 : 八丁堀 URL : 編集
> 八丁堀 さん
新宿スカラ座が軽井沢で再開していたとは!
知らなかったです。

10人程度なんですね。
私が言うのも変ですが、細く長く続けて欲しいです。
2016-06-28 21:12 : エムケイ URL : 編集
こんにちは。以前 西荻窪のプロティアの記事にもコメントさせて頂いた者です。
先日 王城の建物を改めて見て、そういえば歌舞伎町のスカラ座には当時 喫茶好きという趣向がなく1度しか行ったことがなかったので外観写真があれば見たいなと検索していたら またこちらに辿り着き、エムケイさんと同じ気持ちであったことに何だか嬉しく思いコメントさせて頂きました。
お店の雰囲気も素晴らしかったと記憶していますが、当時 友人の友人がスカラ座で働いていて その方が 皆さんがコメントでおっしゃっている メイド風の黒いドレスの店員さんだと思います。彼女の存在が、またお店の内装が お互いを引き立て あの空間を演出していたようにも思います。
今でも ロリータファッション界の著名な方です。

そして 小田急に移転してからのスカラ座には エムケイさんの 記述のとうり、雰囲気的に 優先して入店する程ではなかったので笑
入ることないまま閉店してしまったのですが、奥には素敵な空間があって、コースターなどが販売していたのですね!
またしても悔やまれます…>_<…笑
2017-04-14 21:53 : K URL : 編集
>Kさん
西荻窪のプロティアではコメントありがとうございました。
今でも時々思いだすことがあります。
予告もなく忽然と消えていたので、あれは現実だったのか?夢だったのか?

スカラ座ですが、やはり歌舞伎町時代が偉大すぎましたね。小田急エースのときは、言ってはいけませんが、入った瞬間あまりに違いガッカリしました。

歌舞伎町のときの黒いドレスの店員さんがお友達の方だったのですね。
お店の雰囲気にも一役買ったとのこと。
たしかに内装を引き立てるのも壊すのも店員次第というところもあり、さぼうる、京都の名曲喫茶柳月堂の女性店員さんはまるでその店のために作られたかの完璧な美しさでした。

今でもロリータファッションの著名な方なのですね。
もし今でも歌舞伎町店が存在したら、ゴスロリの人の聖地になりそうですね。
2017-04-16 00:04 : エムケイ URL : 編集
<<【福井】喫茶 迦毘羅(カビラ)  | ホーム 【大師前】カフェ・ド・イブ>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

Instagram⇒@emu_kei_

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: