2015/06/13(土)  CATEGORY:岐阜県

【多治見】喫茶・軽食 モリタ

ヒヨコが他にない稀有な内装であるのに比べると、こちらの「モリタ」はどこにでもあるオーソドックスな内装である。

ただ、八方美人だと批判されてもいい! 私は主張する。ヒヨコもモリタも同じくらい好きだ!

喫茶・軽食 モリタ

喫茶・軽食 モリタ

岐阜県多治見市新町2-37-3

喫茶・軽食 モリタ

というか、外観のみではモリタの方が好み。

たじみ広小路と並行する通りを市役所から引き返してくると、銀座商店街にぶつかる。この古いアーケードを背景にした立地とのセットで魅力が倍増している。

喫茶・軽食 モリタ

かなり年季の入ったビルは横から見るとやけに薄い。植物が多いなあと思っていると、

喫茶・軽食 モリタ

「無人販売」 兼業スタイルの喫茶はこれまで数多く見てきたが、植物(品種不明)販売は初めてである。

喫茶・軽食 モリタ

煉瓦で作ったコーヒーの文字。

喫茶・軽食 モリタ

庇にはデフォルメした喫茶メニューのイラスト。

喫茶・軽食 モリタ

フォークとナイフがクロスしたイラスト。こういったベタに昭和チックなのを見ると簡単にノスタルジックな気分になる。

喫茶・軽食 モリタ

DIYコーナーもあり。背高のっぽの不安定な看板に乗っかるのはパトランプ。だがよく見るとコーヒーのポットでサンドイッチ状態にされている。より高く目立たせるため? ポットの色に合わせて黄色のテープで接着するという努力に思わず涙。

喫茶・軽食 モリタ 喫茶・軽食 モリタ

店名はどれもフォントが統一されてないが、このドアのが一番好み。

オーソドックスな内装の場合、それを好きか、なんとも思わない(普通)かを左右するのは、ひとえに“純度”にかかっている。

喫茶・軽食 モリタ 喫茶・軽食 モリタ

店の広さに比べて明らかに大きすぎるシャンデリア。

喫茶・軽食 モリタ

透け感のある黒いカーテンとオレンジのランプシェード。

喫茶・軽食 モリタ

真ん中でシェイプしたのはよく見るが、こちらでは2枚をクロス。

喫茶・軽食 モリタ

ブランデーの空き瓶には水中花。

喫茶・軽食 モリタ

暑い多治見を象徴しているのか、溶けかけた“アイス”。余計に暑苦しい(笑)。

喫茶・軽食 モリタ

なにを持って純度が高いと言うのか自分自身も説明できないが、“雰囲気”とも言い換えられるかも。

ここはドアを開けた瞬間から好きだなと思った。

喫茶・軽食 モリタ

困ったときはミックスジュース。あまり外れがない。

ここだけの話。岐阜県の純喫茶で“生”の文字がない場合、嫌気がさすほど甘い砂糖水が出てくる率高し。特にオレンジジュースに注意。

喫茶・軽食 モリタ

純喫茶巡りの楽しみの一つにメニュー表のチェックがある。大きく個性が出るポイントである。

こちらで印象的なのは、マーガリン申告。「マーガリンバタートースト」、「ホタテとサケのマーガリンバター焼き定食」と一つ一つ正直に訂正していた。偽装のぎの字もない清廉潔白な表記である。

バターが品薄で値段が高騰し代替品としてマーガリンという苦渋の選択をしたのだと思う。バターとマーガリンの違いなんてそんな判る人いない気もするが、お客様に正直であれという姿勢が伝わり好感が持てた。

喫茶・軽食 モリタ

帰りに絣模様のマッチをいただき、近くに空店舗があるが誰か入る人がいないか訊かれた。そういえば人っ子一人歩いていない通りに「貸店舗 詳細は喫茶モリタまで」の貼り紙があった。

利用金額

  • ミックスジュース

関連記事

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

<<【多治見】白樺  | ホーム 【多治見】たじみ広小路/銀座商店街>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: