2015/04/04(土)  CATEGORY:和歌山県

【吉礼】喫茶・軽食 小手穂(おてぼ)

和歌山で苦戦したのは日曜日。

ことごとく連敗。定休日のオンパレードである。そんな中、数少ない日曜営業「喫茶・軽食 小手穂(おてぼ)」。

小手穂

喫茶・軽食 小手穂(おてぼ)

和歌山県和歌山市森小手穂310

和歌山電鐵貴志川線・岡崎前と吉礼の中間。どちらからも歩いて15分以上かかる。行きは岡崎前から向かった。

みかん畑 小手穂

途中にみかん畑があり、いかにも和歌山な風景。

小手穂

小手穂と書いておてぼと読む。ここの住所が和歌山市森小手穂なので、そこからとったのだと思われる。

小手穂

郊外型喫茶らしく駐車場付。窓が角丸の一軒家。

小手穂

なかなかな純喫茶的入口。

小手穂

タイルの模様が可愛い。

小手穂

スモーキーなドアを開けると、フラワーシャンデリアがお出迎え。

小手穂

店内ショーケースには高そうなカップが並んでいる。

小手穂 小手穂 小手穂 小手穂

スペーシー???

これは意外というか……。みかん畑の先にこういう都会的(?)な喫茶があるとは露とも思わなかった。クローバーみたいな形のオレンジとグリーンのペンダントライトが目を惹く。

小手穂

リアルな日付を記せば、訪問したのは2月1日。温暖な和歌山といえど、まだまだ寒かった。ハロゲンヒーターの近くの窓際の席に着席。

小手穂

灯篭が置かれた和風庭園が窓から見える。

小手穂

モーニングはABCの3種類。この日は和歌山喫茶巡り3日目。連日の喫茶飯が続くと、パンは見るもウンザリとなる。コメだコメコメ! 迷わずC!!! カレーモーニング。

小手穂

カレーはこの店の看板メニューらしい。

美味しいは美味しい。ペロッと残さず食べた。ただ、このカレー目当てにわざわざ来るレベルかといえばそこまでではないかな、と。どちらかというと家庭のカレーで、具は煮込み過ぎて溶けているのかほとんどルーだった。普通に美味しい感じ。

小手穂

結構メニューが充実した店で、小手穂ランチなる冠メニューあり。

なにかとセットも充実してる感じで、メニューも続々と改良・追加された形跡が見られた。東京でいえば、珈琲西武、サンローゼ、シルビア、ニュートーキョー的な感じ。

一言で言えばファミレス喫茶店。そこそこの大箱であり、大人数対応可。車に乗って家族でというお客ばかりで、私のような孤独な1人客は皆無であった。

30分程度の滞在時間だったが、その間次から次へとお客さんが入ってきた。結構な人気店である。

それゆえライト等ビジュアル面で言えばスペーシーにも関わらずファミレス的雰囲気が優位に立ち、純喫茶の雰囲気は薄かった。

帰りは吉礼駅からたま電車に乗って和歌山まで戻った。

利用金額

  • モーニングC(カレー) 580円

関連記事

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

<<【松戸新田】喫茶 潤  | ホーム 【福山】純喫茶 ルナ>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

Instagram⇒@emu_kei_

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: