2015/03/10(火)  CATEGORY:和歌山県

【紀伊田辺】喫茶 チャンピオン

紀伊田辺お勧め「喫茶 チャンピオン」。
絶対入るべし。他投げ捨ててでも行くべし。

喫茶 チャンピオン

喫茶 チャンピオン

和歌山県田辺市宝来町15-22

なぜ繰り返し力説するかというと、これまでレポートしてきた密集地からは外れており、ここ1軒のために行くのは労力を要するから。実際面倒臭くもあった。

だが、行ったからこそ言える。みすみす見逃すには惜しい店である。

喫茶 チャンピオン

色褪せた庇がぐるりと囲む建物。ずらりと並ぶプランター。純喫茶お馴染みの光景。

喫茶 チャンピオン

駐車場付。

中華チャンピオン

隣は中華チャンピオン。オーナーが一緒、もしくは身内の方が営んでるのかしら?

喫茶 チャンピオン

怪しげなスモーク扉の店名は輝く金文字。

一見したところ場末臭がプンプン漂っている。が、店内は全然場末無縁の明るく健全な空間だった。

健全=物足りない。おそらく私の趣向を理解している方はそう解釈するに違いない。ある意味当たっていなくもないのだが、それでもなお完璧なるミッドセンチュリーな内装に魅了された。

喫茶 チャンピオン

植木とパーテーションの絡みが絶妙。

喫茶 チャンピオン

なんといってもこれ。ミッドセンチュリー最高!なペンダントライトがずらーり。最近、こんなのちっとも見ないな。色違いでクリーム色もあった。

喫茶 チャンピオン

モスグリーンの椅子は体に優しいカーブ。

店内なかなか広く、高低差こそないものの、座席の向きのランダムさ、観葉植物・パーテーションの目隠しで、とても落ち着ける造りになっている。窓からは陽の光が射し込み明るい。

客層は中高年の男性中心。テレビ見たり、新聞読んだり。いつまで話すことあるんだろう? 延々と窓際で喋り続けるおじさま2人もいた。

喫茶文化の根付いている和歌山らしい光景。

ただ、北部とはまた違う雰囲気。どこが違うかうまく説明できないが、一言でいえば「ユルい南国感」が田辺にはあるな、と。

ニコニコと笑顔のおばあちゃんマダムがメニューを持ってきてくれた。ぽかぽかと暖かい癒しオーラ。小柄でちょこちょこと歩き回るマスコット的存在であった。

カウンターにはその息子さんらしき男性。

喫茶 チャンピオン

関西の喫茶店では、ついミックスジュースを頼んでしまう。ここのは爽やかな味がした。

利用金額

  • ミックスジュース 400円

関連記事

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

<<【北千住】喫茶 マイウェイ  | ホーム 【北千住】楽食拉麺「菊や」>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

Instagram⇒@emu_kei_

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: