2014/12/21(日)  CATEGORY:新橋・虎ノ門近辺

【新橋】廣田珈琲店

新橋って一体……。

純喫茶に関してはもう天下無敵。新橋抜きに東京の純喫茶は語れない。数多いのはもちろんだが、質・バラエティも兼ね備えている。

今回の「廣田珈琲店」もまた素晴らしい。なんといってもマダムのキャラが最高なのだ。

廣田珈琲店

廣田珈琲店

東京都港区新橋6-8-4

廣田珈琲店

ただ、当初店名を聞いたときは、「なんか茶色そう」と思い、あまり食指が動かなかった。

「廣」の字は書けないし。

けど、こちらに実際行った方から良かったと聞き、平日休みに訪問。

廣田珈琲店

んんんん!? ただの茶系じゃないぞ。なんか店内素敵!

廣田珈琲店

存在感のあるスプーンアート。

廣田珈琲店

海を連想させる青いガラスのペンダントライト。

廣田珈琲店

カウンターにはランプ、葡萄の飾り、ガラスの浮き玉等色んなものが吊られているが、不思議と妙な統一感。それもそのはず。すべて出自が一致しているのだから。お客様からのプレゼントだという。

「コーヒーでいい?」 たしか、そんな風に聞かれたんだと思う。メニューはなく、食事はなく、飲み物もコーヒーとその他数種ではないかと。

廣田珈琲店

ふと目にとまった人参のヘタ。

このまま水に漬けとけば人参になるんだね!
…えっ? 人参になったっけ?

廣田珈琲店

「い~え、人参にはならないわ。こうやって置いてると和むでしょ?」

そっか。そうだよね。あんまりにもナチュラルに店内に馴染んでいたので、危うく騙されるところだった(騙してはいないが)。それにしても、なんてお茶目なマダム。

店名の固いイメージからヘタするとスルーの対象になりかねない店だが、こちらは純喫茶に詳しい方から「ぜひに!」と勧められ来たが、大正解だった。

お勧めの理由としては、「茶系の中でもかなりグッとくる内装」というのと、もう一つ。「マダムの顔写真の付いたチョコレートが出てくる」というもの。

最初は嘘~!割合軽く流していたが、いざ店に来て、朗らかなマダムに接し、もしやあれは本当?と思い、切り出すと、「じゃあ、あげないとね」と言って出してくれた。

チヨコレイトの中身はその場で食べ、包み紙は大切に持ち帰った。

聞くとこの店の内装・外装はマダムの手作りの部分がかなりあり、自ら壁を塗り、

廣田珈琲店 廣田珈琲店

入口の煉瓦も積み重ねたのだという。形が不揃いなのも、私などはかえってオシャレに見えるが、これも揃ってない分安いという妥協の結果。ピンチをチャンスに変える。

入ってすぐのショーケースには物が色々飾られているが、その中にオードリー・ヘップバーンのサインの入りパスポートがあった。空港でたまたまオードリーを見かけ(これ自体凄い!)、とっさにパスポートを出しサインしてもらったとのこと。明るく向日葵のような笑顔を見てると、こういう方だからこそ運気を引き寄せるのだな、と思った。

ちなみに、入口の脇の木製の看板も自分で作ったのだという。センスもあるのだな。

廣田珈琲店

ここに店を構える前は早稲田大学正門前で「キャビン」という名前の喫茶店を開いていたそうだが、この浮輪はそのときの名残だろうか?

それにしても、新橋の奥深さには恐れ入った。まだまだ見知らぬ素敵な純喫茶が潜んでいるような気がしてならない。

利用金額

  • コーヒー 400円

関連記事

[ コメント 4 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

仕事で外に出る機会があったので無理やりここ寄ってきました! 仕事中なのでやっぱり気持ちが落ち着かないし、短時間しか居られませんでしたが、おっしゃるとおりマダムがいいですね。ちょっとだけお話できましたが、「カッコいい人」だと思いました。あと、ブログを拝見して知ることができた純喫茶界屈指のレアアイテム、写真チョコも首尾よくゲットでき興奮しました(過呼吸)! ここにはいつか仕事を本格的にサボってまた行こうと思ってます。

それから、この記事と関係なくて恐縮ですが、つい先日浅草の「珈琲エノモト」を初めて訪問したところ、トイレのドアが新しいものに替えられ、覗き窓が無くなってしまってました。非常に残念でした。
2014-12-22 21:21 : JKS URL : 編集
>JKSさん
さっそく行っていただいたのですね!
そして、あの顔写真付きマッチまで。
かなりのレアアイテムです。

エノモトの件ですが、数年前に改装してあのお手洗いの菱形の小窓がなくなってしまったんですよ。
あの覗き窓は本当に勿体ない。
2014-12-23 22:06 : エムケイ URL : 編集
懐かしい・・・
キャビン・・・・    無性に懐かしい、ゥゥゥ懐かしい。 
早稲田に入って、いつもいく喫茶店はキャビンだった。

店はセンスがあって、いつも笑顔で迎えてくれるママがいた。
写真を見るとお店の雰囲気は変わっていません。
いろいろあって早稲田は中退して、お店も行けなくなってしまったたけど、キャビンは忘れられない場所。

後日店がなくなったのを知ったときはさみしかったが、今日初めて新橋で営業しているのを知ってびっくりしました。
チョコレートの写真にも45年前のママの面影があります。

近いうちに行ってみようと思います。
もちろんママは覚えていないと思うけど。

情報ありがとうございました。
2015-05-04 13:51 : MKTYK URL : 編集
>MKTYKさん
早稲田のキャビン時代をご存知なんですね!

あらら、内装はキャビン時代と一緒なんですか・・・
マダムの顔写真入りチョコから45年前の面影を見るとは。

気さくな方ですので(ご存知だと思いますが)、ぜひ新橋のお店に行かれたらキャビンのお話してあげてくださいね。
2015-05-06 22:26 : エムケイ URL : 編集
<<【下田】Coffee & Cake マルコー  | ホーム 【南伊東】珈琲 回転木馬>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

Instagram⇒@emu_kei_

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: