2014/12/20(土)  CATEGORY:静岡県

【南伊東】珈琲 回転木馬

南伊東を発つ直前に入ったのは駅至近「珈琲 回転木馬」。

今回の南伊東散策のきっかけを作ってくれた喫茶店。回転木馬という店名に惹かれて。また是非とも由来をお聞きしたいと思って。

珈琲 回転木馬

珈琲 回転木馬

静岡県伊東市桜が丘2-5-4

ここは駅から見てクーペとは逆方面。雨の降る中、銀杏の黄色く色づく沿道を歩き、「ばろん」というコーヒー&スナックの後に入った。

珈琲 回転木馬

温暖な伊豆らしくワイルドに育ったアロエ。

珈琲 回転木馬

営業中の札が出ているものの、とてもひっそりとしている。スモークがかかった窓はいかにも近寄りがたい。その上、回転木馬である。本来の意味はほのぼのしたものだが、そこはピエロが恐怖の対象にもなりうるのと同じく、怪しい意味を含んでいるのではと深読みした。

果たしてこの回転木馬は私を歓迎してくれるだろうか?

珈琲 回転木馬

想像以上にこじんまりしているが、整理整頓され掃除の行き届いた店内。赤のタータンチェックの床→キャンディキャンディのアンソニー→落馬→馬→回転木馬を連想…ん~~やっぱ、できないや。

珈琲 回転木馬

カウンターの下に竹で渡した止まり木(?)のようなものがあった。これは椅子に座るとき高すぎるので、足を置くために自作したものだという。移動も可。

珈琲 回転木馬

丸テーブルがある。

もしや、これが回転木馬? とも思わなくもなかったが、特に回るわけでもない。内装からは回転木馬的要素を見出せず。

メニュー表には、ドリンクと少しの軽食。

私には珍しく焼きそばを注文。艶々と磨きがかかったテーブル、清潔そうな店内、丁寧なマダムの様子から、なんとなく期待できそうに思えたからだ。

具材を包丁でトントン切る音、炒める音を聴きながら、窓から外を眺めた。車の通る様子がよく見える。本棚にはA4程度の大き目サイズの『三国志』(横山光輝)が整然と並んでいた。

珈琲 回転木馬

出てきた焼きそばは湯気を立て、いかにも美味しそう。上には青のりと紅ショウガ。視覚的にも食欲をそそる。

味付けはなかなか繊細。濃すぎず薄すぎず丁度良い。小さ目に切ったキャベツと豚肉がうまく絡む。途中でシャキシャキした食感。細かく刻んだ大根の葉っぱようなものも混ざっている。

とても美味しく、最後まで一気に食べ切った。

時計で時間を確認していると、それを見て、「電車の時間?」と聞かれた。駅至近距離ということもあり、電車待ちのお客さんの利用が多いとのこと。まさに私もその一人だ。

あと、もう1つ。訊きたいことがあって、それで時間を気にしそわそわしていたのだけど。

なぜ回転木馬なのか?

「喫茶店は子供の頃からの夢でした。そこで子供の夢といえば…回転木馬かな、と」

意外な由来だが、素直に納得できるものだった(間違ってもキャンディ関係なし)。さらに、もう一つ戦略的な理由もあった。

「伊東で他にない店を作ろうと思いました。それには店名も他にないものに、ということで、色々調べて。回転木馬って長いでしょ? 他には一軒もなかったのです」

夢と戦略。話しているうちに、穏やかだが意思を持った女性だと思った。今回はこれまで聞いた喫茶店名の由来の中でも特別に印象深く、駅に戻る短い時間に何度も反芻した。

珈琲 回転木馬

では、次に移動するとしますか。

利用金額

  • 焼きそば 600円?650円?

関連記事

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

<<【新橋】廣田珈琲店  | ホーム 【川崎】COFFEE SHOPE じん>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: