2010/04/30(金)  CATEGORY:広島県

【胡町】シャモニーモンブラン 本店

広島市内の移動には路面電車が不可欠。 車両は新しいものからレトロなものまで走り、街の風景を情緒的に見せてくれる。 もちろん、市内の純喫茶へも広電で移動。 チンチン電車に揺られながら、胡町で下車。 この辺りはこれまで紹介してきた広島駅前Bブロックの寂れた風景ではなく、 うって変わって賑やかな中心街。 目的地はこちら。「シャモニーモンブラン 本店」(創業1955年6月1日)

外観

シャモニーモンブラン 本店

広島県広島市中区堀川町3-17 (胡町・えびす通り)

「モンブランは分かるけど、シャモニーって?」「本店あるなら支店は?」 など疑問が湧くと思いますが、ひとまず忘れてください。 えびす通りに堂々と。ちょうど百貨店の裏に位置します。 近くには本通、並木通りなんていう大きな商店街もあるので、 地元の人たちはショッピングの後に寄ったりするんでしょうか?

看板

一見ぎらぎら派手に見えるけど、 近くに夜の繁華街(流川・薬研堀)もあるからそんなでもない。 しっくり溶け込んでたので、ここではこれが正しい姿なのかも。

メニュー

セットメニューいろいろ。若鶏の唐揚…。もはや居酒屋級。

ショーケース

ショーケースもいろいろ。こんなん大好き。 嬉々として写真を撮る私。ところが途中で、「待てよ」。 やっぱり~~~!!!

店内からショーケース

中からはこんな具合に丸見え。よくあることです…。

ベネチアグラスの照明

おばあちゃんがレジに立つ狭い1階席は和気あいあいのアットホームな雰囲気。 本当に近しい常連さんが集っていた。そんなとこに普通にミッドセンチュリー!!!。 孔雀の羽根模様みたいなのがひらひら。光が反射してサイケデリックな雰囲気にも。 お店の人によると、ベネチアグラスだとか。

階段上って2階?それとも中2階?にも座席があって、 さらに階段上って最上階。一応この上にも階段ありますが、「準備中」。 どうも2階なのか3階なのか判別できませんが、一番見晴らしの良さそうな席。 の近くに座りました。おじいちゃん2人が窓際に座ってたので、その隣のテーブルに。

窓際の席でホットオレンジ

ホットオレンジを注文してみた。

ドリンクメニュー

ブルーマウンテンじゃなくてマウンティンなんですね。エッグノックも気になった。

ステンドグラス

縦長のステンドグラス。天井には大きなシャンデリア。壁には大きな絵。 なのに壁にはつけ爪みたいな形のちんまりした照明だった。

壁の照明

ここは1つ1つのフロアの面積は広くないが吹き抜けになっており、 実際以上に広く感じる。モンブランなだけにスケールが大きい。 たまたまかもしれないが、お客さんは1人で静かにコーヒーを。 というより、大人数で集まって歓談してるグループ多数。 土曜だったが、スーツ姿のサラリーマンもちらほら。仕事の打ち合わせぽい。 広島駅前とはまったく違った雰囲気を持つ純喫茶でした。

最後に冒頭の疑問を解明して締めくくります。

伝票

疑問1:本店があるなら支店は?

伝票裏

伝票裏によると、「シャモニーモンブラン 幟町店」という支店があるらしい。

食べログの外観写真を見ると入口に「スナック」の文字が。もはやスナックは広島では特別じゃない、理解しました。やっと。

疑問2:モンブランは分かるけど、シャモニーって?

モンブランの絵

モンブランの山を登る時はシャモニー村に通って山に登ることからシャモニー、 なんだそう。知らなかった。勉強になりました。

利用金額

  • ホットオレンジ 525円

関連記事

page top このエントリーをはてなブックマークに追加
<<【十日市町】レストラン喫茶 紫苑 (閉店)  | ホーム 【的場町】スナック喫茶 青い鳥>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

Instagram⇒@emu_kei_

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: