【巣鴨】珈琲 スカイ

条件の良い純喫茶に限って、私はなかなか入ろうとしない。

東京都内、駅近、日曜日営業、メニュー豊富、そこそこ入りやすいオーラ等々。

勿論そんな店は無数にあるわけだが、ここもその中のひとつ。巣鴨地蔵通り入口にある「珈琲 スカイ」。

珈琲 スカイ

珈琲 スカイ

東京都豊島区巣鴨3-21-16 青木ビルB1

これまで平日の1時間しか営業してない店とか、とんでもなくアクセスの悪い場所とか、悪条件の喫茶を優先していた。好き好んで火中の栗を拾いに走っていたのである。ところが、夏以降遠征に拍車がかかり、東京の喫茶の調査は怠り気味で、できるだけ何も考えず入れる便利な店、(純喫茶好きの間で)有名な店に入る率がこれまでになく高くなった。

結論から言えば、条件の良い店はやはり満足度も高いということ。それはこれからの記事で証明していくことにしよう。では…。

珈琲 スカイ

完成度が高い看板。豪快で力強いスカイの文字が素敵!

珈琲 スカイ

あと、こっちも。上野のマドンナ―を始め時折見かける、ガス灯型の看板で、純喫茶度0.5割増し(半端な数字だが)。

んっ? 近くになんか書いてある、っぽい。

珈琲 スカイ

1日中プレスリー!! エルヴィスの曲を・・・ 聴きながら・・・

プレスリーを流しているらしい。
あれ、前こんなのあったっけ? 記憶にないけど。

勇気を出しておりて来て下さい。

う~~~~~ん

これはどうだろう?(^^; おばあちゃんの原宿巣鴨で、プレスリーの集客力にやや疑問が…(^^; むしろ氷川きよしあたりの方がアピールしそうだけど。ただし、個人的には氷川きよし流す純喫茶は嫌だ。

珈琲 スカイ

貼り紙ペタペタ。ごっちゃりデコラティブな階段を降りる。

珈琲 スカイ

この日は大雨。

珈琲 スカイ

ゴブラン織りの真っ赤な椅子が並ぶ。

珈琲 スカイ

純喫茶お馴染みゲーム機テーブル。

珈琲 スカイ

ゲームやらなくともゲーム席。

珈琲 スカイ

日曜日の午後。天気が悪いからか、時間帯が半端だからか、先客ゼロ。

珈琲 スカイ

ビタミンが不足がちなのでレモネード。

珈琲 スカイ

店内にはプレスリーの写真がいっぱい。

外に案内あった通り店内流れるのはキング・オブ・ロックンロール、プレスリーの音楽。

プレスリーの音楽は特に好きというわけではないけど、オールディーズぽくて癒された。ところで、ちょっとした疑問。オールディーズにプレスリーの音楽は入るのだろうか? 感じとしてはオールディーズは言葉は悪いが、アーティストの名前より1曲ヒットした一発屋タイプが多いような気がする。となると、プレスリーは違うのかしら?

まあ、いいか。もし音楽に詳しい方でご存知の方ご一報を!

珈琲 スカイ

これもプレスリー。一瞬、『サタデー・ナイト・フィーバー』のトラボルタかと思った。私的にはBee Geesを流す純喫茶というのが、あったら行きたい。

珈琲 スカイ

間口は狭いが、奥行きが深い店内は適度に仕切られてて、やたらめったら落ち着く。

30分以上広い店内を1人で独占。一人悦に浸っていたが、すぐにご近所常連客風が2人入店。ゲームで対戦を始めたはいいが、何かの理由で片方が思ったようにプレイできないらしく、激怒する声が私の席まで聞こえてきた。純喫茶で本気出す人、初めて見た(笑)。

珈琲 スカイ

パーテーションのスカイダイバー。

店名の由来はこれか?と思い、マスターに伺うと、まさにそうだった。お客さんでスカイダイビングをする方がいるとのこと。だが、マスター自身はやらないと(笑)。え?

「でも、こうやって地下で働いてると空(スカイ)に憧れるものなんですよ」

珈琲 スカイ

地上に出れば相変わらず大雨。

「また近くに来たら寄ってください」 柔和な笑顔でマスターが見送ってくれた。訪問した今だからこそだが、あのときの私に言いたい。もっと早く入っとけ! とても良い店だった。

次回は冴えわたった青空の日に地下に潜ってみよう。

利用金額

  • レモネード 550円

関連記事

 

8/1発売・書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

いちプロ

「スカイ」では無かったと思いますが他の いかにも純喫茶と言える
店には入ったことがあります。
巣鴨 大塚あたりは そういうお店が ありそうです。
私は二年前まで東京の北区に住んで ました。
都電荒川線沿線 王子 十条 板橋 駒込・・・・
このあたりは良く知っております。
昭和の雰囲気の残る街が多いですね。

ただ 飲み屋は多いのですが純喫茶は それほど多くは
ないですね。

ちい

はじめまして
いつもブログを拝見しています。
純喫茶あまり行った事はありませんが、とても好きです。
魅力的なのにどことなく入りづらい感じとか、たまりません。

これからも楽しみにしてますね!

JUN

こんばんは。コメント欄オープン嬉しいです^^
いつも拝見してますよ~
巣鴨はずっと乗り換え駅で、とても思い出がありますが「スカイ」は入ったことなかったです。今度絶対行きたいです。
エムケイさんの記事を読んで同じ巣鴨の「ポピー」には行きました。これからも普通の喫茶店からゴージャスな喫茶店までいろいろ紹介してくださいね。楽しみにしています(^-^)

エムケイ

>いちプロさん
北区に住んでいらしたんですね。
たしかにあのあたり昭和の雰囲気はぷんぷんしてますが、純喫茶より飲み屋の方が目立ちますね。

エムケイ

>ちいさん
いつも見ていただいてるなんて! ありがとうございます!
たしかに魅力的だけど入りにくいのが純喫茶。
でもそこが魅力ですよね。
最近、入りやすい(中がよく見える)店ほど入らずスルーしちゃいます^^;
中毒ですかね。

エムケイ

>JUNさん
私も時折JUNさんのブログ見てますよ(笑)。
今では私のマッチコレクションも充実。そろそろJUNさんと対等に語り合えそうな気もしてます(←甘いですかね?)。

スカイは良い店なので、ぜひぜひ!
そういえば、ポピーのマッチ持ってると思い込んで探してみたらなかった。JUNさんのブログで見たのかな? 持ってる気になってたみたいです。

純喫茶にぃ

http://ameblo.jp/hotcake-remix/
あのスカイパーテーションを見てかなり以前に伺ったことがあるな
と思いだしました。
あの時は超満員でかろうじて空いていた1席にみちっと収まるのが精いっぱい、
さらにはホットケーキはレンチンで記事にはしなかったのだと思います。
青空の日であればスカイにあこがれる客で大人気なのですよ、きっと。

スカイの由来はまさかスカイダイビング?と当時も考えたはずですが、
まさかそのまんまとは。店主が菅井さん説とかも考えたのですが。

エムケイ

>純喫茶にぃさん
スカイパーテーションで思い出したのですね。
店主の名前が菅井さんという、マモータイプではなかったです。
スカイダイビングが由来でした。

メニューにホットケーキありました。
食べずとも場所柄焼きたてではないと思っていましたが、レンチンでしたか。
にぃさんのボツ記事の陰には、このような地道な実食があったのですね。

あかりのまま

BEE GEES、わたしも好きですよ。
あの高い声、独自の世界ですね。
コーラスもキレイで好みです。
イギリスの1970年代のロックが好きなもんで。。。

エムケイ

>あかりのままさん
ビージーズお好きでしたか。
1970年代ロックがお好きなんですね。

私はビージーズは映画から入りました。
『サタデナイトフィーバー』で。
トラボルタが痩せててカッコ良かった時代です。

あかりのまま

トラボルタのディスコダンス、必見ですよ〜。
うちの子どもにYouTubeでみせたら、即、手をぐるぐるして、指で天を示しました。ビージーズのあの映画のサントラ、傑作だとおもってまーす。

エムケイ

>あかりのままさん
トラボルタのダンス必見ですね。
若いときも素晴らしいですが、中年期に出た『パルプフィクション』でもダンスのキレがあって、さすが!と思いました。

ドバケン

インベーダーが流行ってたころは入り浸りでした。また最近も通うようになりました。自分には雰囲気が良く、このような店が残っているのは嬉しい限りです。

エムケイ

>ドバケンさん
インベーダーブームの頃はゲーム目当てのお客さんが多かったと数々の喫茶店で聞いております。
こちらはインベーダーではないかもしれませんが、ゲームを楽しむお客さん多いみたいですね。
雰囲気とても良いですよね。
駅からも近く便利で、これからも末永く続いて欲しいお店です。
非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: