2014/09/16(火)  CATEGORY:岡山県

【倉敷】喫茶 ウエダ

「倉敷でリリーみたいな雰囲気の喫茶店を見かけました」

な、なんと! リリー?

ずっと倉敷に行く行く言っててなかなか行かない、腰の重い私を動かす後押しが、とある方からの報告なのだった。

喫茶 ウエダ

喫茶 ウエダ

岡山県倉敷市阿知2-25-43
喫茶ウエダ

リリーは石神井公園にあり、2階の洋装店と調和した、白い壁の美しい喫茶店である。そのような喫茶が倉敷にあるのだという。

世の中はすべてタイミング。

岡山への風が吹いている。今こそ行くべきだと思ったね。すぐに岡山行きの手はずを整えた。もちろん岡山と倉敷はワンセット。 2駅間は想像以上に近く、快速で11分、各駅で17分。東京のJR中央線に置き換えると、大体新宿⇔荻窪間と同じくらい。人身事故がない分、むしろ岡山・倉敷の方が早いかも。

美観地区

教えてもらった店は「喫茶 ウエダ」といい、倉敷でも観光の中心地・美観地区にある。

喫茶 ウエダ

白壁の並ぶ美しい景観に違和感なく溶け込む、瀟洒な白い建物。2階の丸く張り出したテラスがいい雰囲気。たしかに、リリーの世界。

店先の自転車の数!
良い純喫茶の証拠。これは期待できそう。

喫茶 ウエダ

ところで、これは? カメラ?

喫茶 ウエダ

coffee & Photoとは、新ジャンル。喫茶店と写真屋の兼業? ウエダの字体の力強さ、男前っぷりにグッとくる。

喫茶 ウエダ

さすが週末の観光地。店内はまずまずの混み具合。

「お好きな席へどうぞ」ガラガラの過疎った純喫茶ならいざ知らず、なかなかの人気店だというのに席は選べた。昔の少女漫画に出てきそうなフリルのカーテンがかかった窓際に座る。

喫茶 ウエダ

コーヒーもまた一段とひらひらしており、白鳥のようなビジュアル。お値段は360円。

注文を受けてから淹れてくれ、味は値段に比例せず美味しい。

メニューを拝見したが、他も観光地とは思えないほど安い!

喫茶 ウエダ

「東京から来た」旨お伝えすると、ロータスのクッキー2枚を出してくれた。「どうぞ閉店までゆっくりしていってくだいね」と言い残して。あらあら。そういえば前から思っていたが、純喫茶ではロータスのクッキーが良く出てくる。 (喫茶業界推奨品とか?)

ふっと視線を先に向けてみた。

喫茶 ウエダ

猫!

喫茶 ウエダ

すっと目の前を横切り、一瞬頭が真っ白に。

喫茶 ウエダ

悠然と椅子の下に寝っころがり、毛づくろい。マイペース。
そーっと近づいて撫でてみたが、全然逃げる気配なし。生粋の看板猫体質である。

彼(それとも彼女?)の名前はももちゃん。喫茶ウエダの看板猫であり、いちいち反応し慌ててるのは私だけだった。他のお客さんはごく自然にその状況を受け入れている。

おじいさんが1人で入ってきた。空いてる席はいくつかあったが、お気に入りの席が埋まっていたのか帰ろうとしたところ、それに反応し女性が席を移った。

一見客はせいぜい私くらいで、他は常連さんがほとんど。美観地区といっても、観光客向けの喫茶とは限らない。地元客の集う喫茶店もあるのだ。

しっかり食事のできる喫茶でもあり、カレーを食べる若い男子客あり、ヘビーにタバコを吸う女性客あり。猫も自由だが、お客もみな好きに思い思いに寛いでいる。

喫茶 ウエダ

店の奥からは趣のある和風の坪庭が見える。自然な緑に岩。

昔この辺り一帯は海で、そこにある岩は一枚岩。店内にまでその岩は続いている。

喫茶 ウエダ

窓際の椅子では、ももちゃん熟睡中。

「人間もこんな風にして生きられたらいいね」お店の人とお客さんの話に、私もうなずく。

喫茶 ウエダ

窓にはお習字。観光地にあって観光地であることを忘れてしまいそうな、実に自然体の良き純喫茶だった。

利用金額

  • コーヒー 360円

関連記事

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

<<【倉敷】COFFEE ユンボ  | ホーム 喫茶に飽きたら、平田食事センターへ>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: