2014/07/22(火)  CATEGORY:静岡県

【吉原本町】軽食・喫茶 リリー

今回の喫茶店もリリー。

石神井公園に続き、静岡県富士市。

沼津の後、JR東海道線吉原駅まで行き、そこから岳南電車に乗り、吉原本町駅下車。徒歩10分。

軽食・喫茶 リリー

軽食・喫茶 リリー

静岡県富士市吉原2-2-10

遠いは遠い。でも、岳南電車に乗れたのは大きな収穫だった。吉原駅から岳南江尾駅までを結ぶ片道21分。富士の超ローカル電車だが、情緒があって良かった。

岳南鉄道・硬券

切符が硬券! それにパチンと鋏が入る。歯型(?)にグッときた。

最初、吉原本町駅で降りたとき、あまりの人通りのなさに、少しだけ後悔したが、通り沿いに続く吉原商店街を歩いていくと、段々と賑わっていった。古めかしい建物も見られ、なにやら歴史がありそう。後で調べてみたところ、このあたりは東海道の宿場町で栄えていたらしい。

長さん小路

リリーがあるのは、メインの通りからわきにそれた長さん小路。

長さんって、ドリフ? いかりや長介?

…なわけないって。でも、もしや…?

故いかりや長介氏(1931~2004)は、13歳から28歳までの15年間を、ここ吉原で過ごし、街のダンスホール等で音楽活動を始めた。2004年6月に初の市民栄誉賞が授与されたことを記念して、長男の碇矢浩一氏の揮毫でこの碑が建てられた。

吉原本町商店街(静岡県富士市) - いとちり

これがまさかのまさか。まさかの長さんだった。

軽食・喫茶 リリー

チモトの看板。久しぶりに静岡県でトミヤコーヒーでない看板を見た気がする。

軽食・喫茶 リリー

シンプルだが、いい感じの看板。

軽食・喫茶 リリー 軽食・喫茶 リリー 軽食・喫茶 リリー 軽食・喫茶 リリー

奥の壁中央に飾られた、オパールのような美しいオブジェが目を惹いた。それ以外は、学祭風な手作り感あふれる金ピカの柱が、やや目立つ程度。強烈な個性はないが、だからこそ落ち着ける、純喫茶の基本を抑えたオーソドックスな内装。

程よく広い。先客が2組いたので、適度に距離を取りつつ、窓辺の角っこに座った。

飲み物とトースト位しか置いてなさそうに思えたが、メニューを見ると意外や意外! バラエティー豊か。ゆで落花生、焼きおにぎり、おでん、焼き肉、サバ味噌煮、シュウマイといった喫茶店らしからぬツマミ系及び食事系あり。コーヒーもブレンドだけでなく、ストレートコーヒーまである。

[2016/03/24 追記]
焼肉定食1150円、サバの味噌煮700円、ブレンドコーヒー400円
※喫茶リリー様よりご連絡あり、メニュー一例記載。

なかなか懐広い。

モカがあったので、モカに。

軽食・喫茶 リリー

異人さんの絵の入ったカップ。古伊万里チックで綺麗。

BGMはゆるめのインストゥルメント。ボーカルのない、メロディーだけの、よく商店街で流れているあれだ。

雑誌の棚から女性週刊誌を手に取った。美容室だと渡されても見栄を張って読まないが、喫茶店ではつい読んでしまう(微妙な女心?)。気になる記事だけ読み漁った。

トントンと包丁の音。奥でママさんが仕込み作業をしている。

心地よくリズミカルな生活音を聞きながら、思わずここが富士市であることを忘れてしまいそうに。なんでもない、いつも通りの時間。その後、吉原本町の散策を開始した。

利用金額

  • モカ 450円

関連記事

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

<<【吉原本町】葡萄屋(ぶどうや)  | ホーム 【石神井公園】サイフォン珈琲 リリー>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: