【常陸多賀】佛蘭西館

日立と常陸。読みは同じひたちだが、常陸の方が古そう。常陸国とも言うし。

今回目指す「佛蘭西館(フランスカン)」は、常陸多賀駅から徒歩5分。

佛蘭西館

佛蘭西館

茨城県日立市千石町1-6-10

事前に調べた開店時間は10時だったが、特急の都合で、20分前には常陸多賀駅着。

佛蘭西館

仕方なしに、とにかくゆっくり歩き時間を稼ぐが、それにもやはり限度があるわけで、9時55分。

佛蘭西館

ボウリング場と併記した看板が遠くからも目立つ。

しばらく店先でじーーーっと開店するのを待った。

が、5分過ぎても開かない。うーーーん。

たしか駅前に喫茶店があった、と思い、一度引き返すが、そっちも開いてない。うーーーん。ダメもとでもう1回佛蘭西館の様子を見に行く。それでもやっぱり開いてない。うーーーん。

どうにもこうにもならないものですね。こういう場合、深追いしないのが賢明だということを経験的に知っています。とりあえず、一時常陸多賀には見切りをつけ、日立駅に向かった。(実際のところ、日立でもだいぶ苦戦したのですが)

いろいろあちこち回り、午後3時過ぎにもう一度来てみた。

佛蘭西館

朝は出ていなかった看板が表に出ていた!

佛蘭西館

佛蘭西館

瀟洒な洋館風で、クラシカルな内装。

窓辺の優雅なカーテン、緑のベルベットの椅子、欧羅巴調のパーテーション。非日常感に浸れる素晴らしい空間。古さがないのが少し物足りなくはありますが、この先10年、20年後、深みが出てきそうなので、大いに期待。

佛蘭西館

壁の壁画が見事。シルエットがクリムトの最愛の女性像に似ている気がした。

BGMは洋楽ポップス。贅沢を言えば、クラシックにして欲しかった。

佛蘭西館

メニューはコーヒー中心。ブレンドコーヒーを注文したのだが、カップもシュガーポットのセットもお城系。値段は350円。

佛蘭西館

佛蘭西でフランスと読ませるらしいが、仏蘭西ではないのですね。佛の一文字にこだわりを持っていそう。

利用金額

  • ブレンドコーヒー 350円

関連記事

 

8/1発売・書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: