2013/09/30(月)  CATEGORY:埼玉県

【行田市】喫茶 待夢(タイム)

待夢と書いてタイムと読む。

昭和の純喫茶お得意の当て字ですね。友路有でトゥモローと読ませる、難問奇問な当て字もありますが、待夢はすんなり読める。素直である。うっかり当て字だということを忘れてしまうほどに。

語呂が良いのか、字面が良いのか、それなりに人気らしく、たまに待夢という店名の喫茶店を見かけます。今年だけでも、すでに2軒の待夢に入りました。

今回は、埼玉県行田市の「喫茶 待夢」。桜が咲く季節に訪れました。

喫茶 待夢

喫茶 待夢(タイム)

埼玉県行田市本丸14-10
喫茶 待夢(タイム)

半年前の話です。今更ですが、ごめんなさい。訪問した喫茶店は、自分なりに手帖にメモしてはいますが、時間が経つにつれ、手のひらから零れ落ちる砂のごとく、さらさらと記憶が消えてゆきます。

ブログをやってて良かったと思うのは、こんな時。たくさんの人に伝えたい。その思いで、記憶の欠片を手繰り、再構成する。これまでバラバラだったものを有機的に結合し、再び蘇ります。

ところで、みなさん、知ってました? 「埼玉県」の地名は、行田市が発祥。大宮でも、浦和でも、川越でもなく、行田だとは意外。

たしかに秩父鉄道・行田市駅から歩き回れば、なるほど。街並みに歴史を感じます。

歴史のある町なら、純喫茶も?と期待し、探しますが、これがなかなか厳しい。まずは、「珈琲苑 憩」。ご当地グルメでもある、フライとゼリーフライが食べられる喫茶店。フライセットをいただきましたが、どちらかというと純喫茶よりは食堂寄りの雰囲気でした。

その後、商店街を歩きました。見ごたえのある看板建築はありますが、純喫茶は見つかりません。進路を変え、125号を歩く。市役所の向かいに、手ごたえのありそうな、煉瓦造りの建物。

純喫茶フォンティーヌ

「純喫茶フォンティーヌ」。おぉ!純喫茶ではありませんか! 期待高まり近寄ると、「土日祝休み」の貼り紙。

純喫茶探しの遠征も楽ではありません。

ここは心機一転。ちょっとした観光を楽しもう。

忍城

忍城。行田市は城下町でもあります。戦国時代の武将のコスプレをした方が歩いておりました。桜を眺めながら、敷地内に併設された郷土博物館を見学しました。

事前に下調べをしところ、この忍城の少し先に、もう1軒純喫茶があるらしい、ということで、やってきたのが、「喫茶 待夢」。

前ふりが長くなりすぎましたが、実際、行田市駅からはかなり離れています。

喫茶 待夢

どうです? この感じ。まったくもって風景は住宅街です。

喫茶 待夢

専用駐車場あり。

喫茶 待夢

外観からはオオバコ純喫茶の匂いが。

喫茶 待夢

食品サンプルケース。

喫茶 待夢

洋食屋のショーケースみたいですね。パフェやクリームソーダのサンプルの方が、純喫茶純喫茶してて、個人的には好きですが。


チリンチリン♪ 呼び鈴鳴らしながら、入店。

オオバコには違いありませんが、カウンター内の調理場スペースが大きく取られているので、客席は思ったほど多くはありません。

喫茶 待夢 喫茶 待夢 喫茶 待夢

「お好きな席へどうぞ」とお店の女性から声をかけられ、1人で座るには恐縮してしまいそうな大テーブルにしたけど、いいのかなぁ…?

何も言われないから、ま、いいか。

メニューを見ると、ストレートコーヒーの種類が豊富。トラルコトラジャがあり、珍しい、と思い、頼んでみました。

「今はやってないんですよ」
現在はブレンドコーヒーとマンデリンのみ、だとのこと。

なら、ブレンドコーヒー。それと…。
「コーヒーを注文すると、自家製デザートがサービスで付きます」との文字を見つけ、何のデザートなのか確認すると。

「今はもうやってないんですよ」
断っておきますと、このパターン。特殊なケースではありません。純喫茶では、よくあることでございます。

喫茶 待夢

レアチーズケーキセットにしました。コーヒーのお味は好みなのは良かった。

それにしても、あまり騒がしいのもキツいですが、随分寂しい雰囲気です。お客が他に1組だけで、その1組も早々に帰ってしまいました。私1人の時間がかなり長く続き、このままここに居てもいいのか? 流れる音楽も、ムーディーすぎるジャズで、物悲しい気分に。

喫茶 待夢

伝票はオリジナル。

この写真に薄っすらと、「ケーキS 780円」と書かれてるのが見えますね。事前に、1080円用意し、300円のお釣りをもらうつもりでした。ところが、お会計の段になり、819円と言われ…

税抜き表示?

消費税率UPに備えて、先取りしすぎです ( ̄▽ ̄;)!!

喫茶 待夢

……いろんな意味で、この日は、何かと寂しい行田市純喫茶巡りでした。

利用金額

  • ケーキセット 819円

関連記事

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

<<【新高円寺】珈琲専門店 ウイン  | ホーム 【松戸】純喫茶 若松 (2)>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

Instagram⇒@emu_kei_

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: