2013/06/12(水)  CATEGORY:大阪府

【松虫】喫茶 V (閉店)

ゆうなぎ」の余韻に浸りつつ、間をおかず、もう1軒の純喫茶に入った。

アルファベット1文字で「喫茶 V」。

パッと見、超地域密着型。窓辺にはレースのカーテン、ドアはスモーク。入りにくいなぁ…。今回はパスしようかしら、とも思った。けど、次に大阪に来たときあるかが疑わしい。(←これが一番の理由)

…そんなお店にとっては失礼すぎる動機が入店の大きな後押しになることもある。

喫茶 V

喫茶 V

大阪市阿倍野区阿倍野元町1-6
※閉店

でも、やっぱり入りにくい。(;´Д`)

だってVだよ? なんでV? 店名って結構重要。あまりに簡潔でそっけないと、「一を聞いて十を知る」的なものを客に求める、気難しい店主を連想してしまいます。

喫茶 V

ベルク・カッツェ様?

……なわけないよね。

目の前にはあべの筋。大きな通りにも関わらず、歩道はやけに狭い。ちょうど店の前には歩道橋があり、間口は窮屈で、自転車がちょくちょく通る。いつまでもためらっている暇はなかった。

喫茶 V 喫茶 V 喫茶 V

思った通り、超地域密着型。

女性客とカウンター越に世間話をするママさん。

ヤバい。引き返そうか……。

…とも思ったが、年季が入って古いとはいえ、内装はなかなか渋みがある。壁は漆喰で、こげ茶を基調とし、ワインのような深みのある赤いカーテン。

喫茶 V

ぶどうジュースを注文した。

最初はあわや引き返す原因となったが、徐々にお客さんとママさんの会話に引き込まれていった。ざっくり言うと医療についての話だったが、ちょうど近い人に身近な事例があり、その人に置き換えながら真剣に聞いた。

(2人ともまさか壁の隅っこで、こそこそぶどうジュースを飲んでる客が話を熱心に聴いてるとは思うまい)

なぜか「聞いてない」アピールをするために、いかにも休憩な風を装って、雑誌を広げた。

喫茶店巡りのくせして、「なんとなく」立ち寄ったふり、しちゃいますよね(笑)。

そのうち女性客は帰ってしまい、客は私だけに。

喫茶 V

店内はラジオが流れている。

阪堺電車の踏切のカンカンカンカン鳴る音も、それに混じる。

ただひたすら黙々と下を向いて、雑誌を読む。それほど面白い内容ではなかったが、なんとか読み終えた。(なぜそこまでして、ふりを?)

変な客だったなぁ、と後で話題になるかもしれないけど、喫茶店巡りだと言うことは告げず帰ろう、と思い、ふっとカウンターを見た。

だれもいない?

ママさん!お会計!

大きな声で呼んでも出てきません。これまで、「偶然立ち寄り、雑誌を読みに休憩しに入った客」を装っていたので、じろじろ見回すわけにはいかず、地味に下ばかり向いていましたが、帰り際になって、こんな珍しいものを見つけました。

喫茶 V

世界のコーヒー。コーヒーの産地の地図でしょうかね。

んっ? こ、これは?

喫茶 V

ペナルティ?

ペナルティっていったら、あの吉本芸人のペナルティ?

ここはママさんの登場を待って、お話を聞かなければなりません。第一お会計もまだですから。

10分位でしょうか? 結構待ちました(笑)。

「あら~随分お待たせしちゃったかしら?」

さっそくペナルティについて聞いてみました。

ペナルティのヒデさんが、「古きよき喫茶店を探していた」と、ある日突然店に入ってきて、その場で撮影の許可を求めてきたらしい。

「こんな古い店なのにいいのかしら?と思ってたら、テレビではきれいに映ってるのよね。」

その後はテレビを見たという、初めてのお客さんもかなり来たんだとか。

勝手に色々と決め付けて申し訳なかったです。

後からインターネットで放送内容を調べました。正直、テレビはやっぱりすごいですね。ていうか、レポーターのヒデさんがすごい? 私が見過ごしてるポイントをきっちりチェックしてます。

たとえば…

世界のコーヒー地図。コーヒー豆で作成しているのです。

あと、テーブルにおいてあった、旧三和銀行の粗品の三角マッチとか。

あとから写真をチェックすると、どちらもぼんやり写っています。じっくり見ておけばよかった。

喫茶 V

ついでにVの由来も尋ねたが、意外にも、分からない、という返事が。

「最初からVだったのよ」。こちらは戦後から続く喫茶店で、現ママは8代目。Vの店名もそのまま引き継いだだけのようです。

なかなか気さくなママさんで、松虫の地名の由来も教えてもらった。

ただ、このあたりも再開発の話はかなり前からあるみたい。道路拡張計画のようです。たしかに歩道が狭いし、いつかは…なんでしょうね。

[2015/06/18追記]
読者の方から廃業したとご連絡あり。

喫茶 V
喫茶 V マッチ (2013年) ※画像をクリックするとマッチ側面が見れます。

利用金額

  • ぶどうジュース 350円

関連記事

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

<<【梅田】喫茶 サンシャイン  | ホーム 【松虫】喫茶・軽食 ゆうなぎ>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: