2013/05/11(土)  CATEGORY:日暮里・三河島・町屋近辺

【新三河島】ナルビ

新三河島には何があるの? もし人にそう聞かれたら、「純喫茶」と即答するだろう。

思い浮かべるのは2店。「和風喫茶白樺」と「ナルビ」。もう何年前になるだろうか。町屋から歩いているうちに辿り付いた新三河島で、即、見つけた純喫茶である。

どちらに入るかは迷うまでもなく、白樺。ナルビは定休日だったのだ。白樺は期待を裏切らない和風っぷりで、入るとすぐ鯉の泳ぐ池があった。ところで、そばにあるナルビは一体どんな純喫茶だろう? 

近いうちにぜひ来よう!と固く誓ったが、私のような人間はすぐに忘れてしまう。実際、次に訪れたのは、ずいぶん経ってからだった。

ナルビ

ナルビ

東京都荒川区荒川5-18-2

この日は日暮里の純喫茶に入る予定だったが、日曜日だったせいか、ことごとく振られた。

1軒だけ定休日にも関わらず、有り難くも、「どうぞコーヒーだけなら」と言ってくださったが、さすがに遠慮し、後日改めて来店しますと、その場を去った。(この続きはまたの機会に)

そういえばナルビ! あそこはどうだろう? あれから随分経ってるが、急に行きたくなった。急遽、新三河島に行くことに決めた。歩いても、せいぜい15分だ。

個人的に、日暮里、三河島、新三河島を結ぶ直線ルートを散策するのが大好き。好みの純喫茶が点在しているし、建物も含めた昔ながらの風景を眺めるのは楽しい。

ただ、毎度道に迷う。この日も迷いつ、怪しい飲食店を発見しつ、やっとのことナルビに辿り着いた。

ナルビ ナルビ ナルビ ナルビ ナルビ ナルビ

白樺が和風なら、こちらはまったくテイストが異なる、洋風モダン空間。

外観からイメージするより遥かに奥行きがあり、広かった。黒い椅子が整然と並び、ウッディーなダークブラウンの壁はクール。有楽町「ストーン」や四ツ谷「ロン(Lawn)」が好きな方なら、まずハマるであろうスタイリッシュな内装。もちろん私も大ハマリ。

そういえば音楽はなんだったかしら? 覚えてないけど、ナルビの写真を見ていると、頭の中ではジャズが流れる。

先客は若い男性1人だけ。入口付近の席に座り、本棚を何度も行き来していた。どうやら漫画を読んでいる様子。

私は奥の席にした。

テーブルに置いてあるメニューによると、コーヒー中心で、ナポリタンやカレーといったガッツリ食事系はなし。トーストはあったような気がする。

ナルビ

壁に掛かったストレートコーヒの黒いメニューボードもスタイリッシュ。そういえば、純喫茶めぐりをしているくせに、ストレートコーヒーを頼んだのは数えるほど。いまだにコーヒーに詳しくない。結局、ブレンドコーヒーを注文。

ナルビ

注文を受けてから淹れるようで、少し待ったが、出てきたコーヒーは美味しかった。

その後、お客さんは他に入ってくることはなく、マスターはカウンターの椅子に座って、本を読んでいた。

先客入口、マスターカウンター、私奥。

お互い距離が離れているので、1人1人が世界に浸れる。

そのうち先客の男性が帰るのかレジでお会計。しばらくマスターとお喋りをしているようだったが、遠くて何を話しているのか聞こえなかった。

マスターはカウンターで黙々と本を読んでいるときは、寡黙なとっつきにくい方かと思っていたが、見ているとそうでもなさそう。

この後、話を振ってみると、思った通り。大変お話好きで温厚。30分以上は色々話した。純喫茶好きの私が興味を惹く話題をたくさん提供してくれた。

実は、ナルビを訪問したのは1年以上前。勿体無いことに、話の内容の細部は記憶が薄れてきている。忘れないうちに、切れ切れの記憶を拾い集めながら書いている。ただ、今でもはっきりと覚えているのは、マスターが何十年か前荻窪で通った名喫茶の話だ。

「荻窪駅前の路地裏。トルココーヒーが美味しかった。パイプを作るマスターがいた。」
そんな喫茶店があったという。
「名前は思い出せないんだけど…。」

覚えてますでしょうか? 1年前に書いた記事「荻窪にあった喫茶店」。ナルビのマスターから、宿題というか謎解きを与えられ(笑)、このところ随分とご無沙汰しているが、当時よく通っていた荻窪の名喫茶「邪宗門」のマダムに答えを教えてもらったのだった。

「琲珈里(ひかり)」

美しい響きを持つ純喫茶は、南口の路地裏にあり、マスターが亡くなり20年以上前に閉店したという。もちろん私は入ったことがないが、「琲珈里(ひかり)」は様々な方に影響を与えた店らしく、「荻窪にあった喫茶店」を書いた直後、行ったことある方から思い出話のメールをいただいた。他の方からは、某喫茶店のマスターが琲珈里(ひかり)にコーヒーの諸々を教えてもらった、とも教えていただいた。なんて影響力のある純喫茶だろう。何度も幻の純喫茶に思いを馳せた。

純喫茶は数あれど、大きな影響を与えたり、インスピレーションの源になる店となると、そう多くはない。ナルビのマスターにとって「琲珈里(ひかり)」はそういう店だったんだろうか? 少なくとも、私にとって、ナルビは、そんな数少ない純喫茶のひとつである。

利用金額

  • ブレンドコーヒー 400円

関連記事

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

<<【四ツ谷】珈琲 ロン (Lawn) (3)  | ホーム 【行田市】珈琲苑 憩>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: