2013/04/02(火)  CATEGORY:神奈川県

【YRP野比】木かげ茶屋

京浜急行の「YRP野比」がずっと気になっていた。というかアルファベット3文字YRPに。

なんか得体が知れない感じ。CIAみたく機密情報でも握っている? だとしたらセキュリティも万全で、外部からの侵入を拒み、駅を利用するのは関係者とその家族だけ?

……申し訳ありません。単なる妄想です。もちろん、キチンと調べましたよ(^^;

YRPは横須賀リサーチパークの略。電波情報通信技術に特化した研究開発拠点なんだとか。YRPのオープンに伴い、野比からYRP野比へと改称。

なるほど。ただ妄想とは幾分違うものの、これはこれでスゴイんではなかろうか?

せっかく謎も解けたことだし、YRP野比の純喫茶にも行ってみよう。ちょっと強引すぎる成り行きだけど…。

木かげ茶屋

木かげ茶屋

神奈川県横須賀市野比1-17-27
ヨコスカイチバン-木かげ茶屋

実を言うと、先日三崎港のキーコーヒーに行き、その帰りに途中下車しただけ。YRPが気になる程度で来るには遠すぎるのだ。

それにしても、YRPそのものは駅から離れているとはいえ、駅前はすごい普通。というか、長閑。

駅の近くにある純喫茶「木かげ茶屋」も同じく素朴。どこにでもある、町の喫茶店風。

ところが中は想像しなかった雰囲気でビックリ!

木かげ茶屋 木かげ茶屋 木かげ茶屋 木かげ茶屋 木かげ茶屋

薄暗い店内で、凝った内装。鱗のような模様が入った漆喰の壁には、大胆に木が埋め込まれている。

外観のイメージとあまりに違いすぎた。もちろん、中の方が素敵。

ちょうどランチタイムらしく、外に案内が出ていたけど、生憎お腹は一杯で、ブレンドコーヒーに。

木かげ茶屋

このカップ素敵だと思いません?

ナルミ「ボーンチャイナ」のカップ&ソーサー。

ママさんはカップ集めが好きで、置いてあるのはノリタケとボーンチャイナが中心。「ブレンドコーヒーはここからここまでから選んでください」と食器棚から好きなカップを選ぶシステム。もしかしたら、値段の高い珈琲の場合だと、さらに高級なカップで飲めるのかもしれない。

なんにしても、高級カップでコーヒー。特別な気分になれて、うっとり。

ただ、恥ずかしいことに、カップの銘柄の見極め方。私、全然知らない。もちろん、安物と高級カップの格の違いというのは、見た目、手に取った感じで歴然としてるのだけど、銘柄を当てろと言われたら、お手上げ。そう話してみたところ、ノリタケとボーンチャイナの特徴をレクチャーしてくれた

(分かりやすい説明で、あっさり理解できた。でも、ここで私が知ったかぶりして文章化するとボロが出そうなので割愛。)

ママさんは明るく気さくな方で、他にも色々話をしてくれた。主にYRP野比のこと、京急の話を。

地元の人はYRP野比とは呼ばず野比と呼んでいること、駅前が長閑に見えるのも休日だけで平日はYRP関連の人がたくさん歩いていること、三崎は観光客で土日は渋滞して、その影響は野比にも及んでいること、京急は速くて滅多なことでは止まらない。ただ止まると、利用者に影響が大きい、と。

まだ記憶にも新しいが、追浜駅~京急田浦駅間で発生した土砂崩れによる脱線事故の話題になった。

京急は3日間止まってしまい、利用者は本当に困ったらしい。

昨年のことだが、私も覚えている。まさか、純喫茶めぐりをしながら、こういう地元の方の生の話をが聞けるとは!

「この後、まっすぐ帰るんですか?」

ええ、まあ、と言いかけたところで、「いえ、逸見に行ってみようかと思ってます」

せっかく朝早起きして三崎まで来たことだし、この機会に横須賀市内の純喫茶めぐりを楽しむつもりだった。

すでに流れで、純喫茶が好きとは話していた。そんな私にママさんからアドバイス。

逸見の駅前には昔ながらの商店街があり、「サン」という名前の古い喫茶店もある、と。

木かげ茶屋

「サンに置いてある椅子はウチと同じものなの。ただ、向こうは色が赤。うちは店内が暗いけど、向こうは明るいから」

一応軽く下調べをしていて、サンには行くつもりだったが、先にママさんの口からサンの話が出るとは! 短い時間の会話から、このママさん、人の心を読む力がある気がした。波長がピッタリ合うのだ。合わせてくれただけかもしれないけど…。

最後に外まで見送りをしてくれた。「逸見は普通電車しか止まらないから、堀ノ内で乗り換えると便利よ」と教えてくれた。

利用金額

  • ブレンドコーヒー 420円

関連記事

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

<<【西荻窪】COFFEE LODGE DANTE(ダンテ) (2)  | ホーム 鎌倉>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

Instagram⇒@emu_kei_

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: