2012/07/17(火)  CATEGORY:神奈川県

【中山】純喫茶 バウハウス

わき道にそれて純喫茶。
この言葉がこれほど相応しい純喫茶が他にあろうか?

中山ってご存知でしょうか? JR横浜線沿線の駅です。八王子乗換えで向かいました。この日またもや中央線お約束の事故発生。下りがものすごく遅れていて、しかも猛暑。大汗ダラダラですよ。正直、行き着く前に倒れてしまうのではないかと思いました~!

でも、素敵な、いや珠玉の純喫茶に出会えたので、そんな不安も疲れも、一瞬に吹っ飛びました。

純喫茶 バウハウス

純喫茶 バウハウス

神奈川県横浜市緑区台村町291

以前に中山と同一沿線上にある大口「喫茶室 鹿鳴館」の情報をくださったH様の情報提供により、普段馴染みのないJR横浜線にやってきました。今回もたくさんの純喫茶情報をいただきました。その中からまず1店目に「純喫茶バウハウス」を選んだのには理由があります。H様のコメントが私の琴線に触れたんですよ!

H様の推薦文より抜粋:
駅前なのに見つかりにくい路地裏にかくれんぼしている店。まさに「わき道にそれて純喫茶」があります。

JR中山駅南口駅前は結構人通りも多く栄えています。ここにそのような「かくれんぼしている店」が?

商店街から細い路地を覗いて、ハッと息を飲みました。

わき道にそれて純喫茶バウハウス

ほ、ほんとだ!!! 「わき道にそれて純喫茶」がある!!!

信じてなかったわけではないんですよ。信じていないわけでは…。

シンプルながら、看板の色合いが好み。入る前から当たりも当たり大当たり!昔の漫画なら背景で鐘がキンコーンカーンと鳴ってるシーンです(笑)。

純喫茶 バウハウス

信じ難いことではありますが、ここは駅前です。横浜純喫茶は深い。深すぎる。

純喫茶 バウハウス

どうです? みなさんも私と同じくドキドキしてきたのではないでしょうか?

純喫茶看板

おぉ!!! 純喫茶の看板まで。

純喫茶看板

頭上にはアールもついています。アール大好き。

純喫茶 バウハウス

ドアを開けるとまずは裸婦の彫像が目に入ります。

お客さんはカウンターに座っていました。常連さんのようで、みなさん女性でした。中にはオシャレな雰囲気を漂わすマスターが立っています。

テーブル席にいってもいいかな~? マスターがカウンターの中から優しく「どうぞ」と目で合図を送ってくれました。

純喫茶 バウハウス 純喫茶 バウハウス 純喫茶 バウハウス 純喫茶 バウハウス

一瞬で魅了されました! 鮮やかな緑のカーテン。窓の向こうには緑の木々のシルエット。臙脂のベルベットの椅子。壁にかかる絵画。素晴らしき哉純喫茶!

純喫茶 バウハウス

カウンターの上のまるみにもうっとり。どこまでもどこまでも期待を裏切らない純喫茶空間です。

純喫茶 バウハウス

インパクト勝負かしら?と覚悟してました「ねぎトースト」。これがなかなかどうして! チーズたっぷりで美味も美味。騙されたと思って試してください。ネギとチーズの相性バッチリですよ。

ちなみに自家焙煎珈琲店。さすがに種類豊富。

純喫茶 バウハウス 純喫茶 バウハウス

コースターは木彫りの凝ったもの。

純喫茶 バウハウス

あと、入ってからずっと気になってた壁の「Tea Ticket」。お客様のお名前付きで、中には顔写真もありました。

マスターは終始にこやか。色々お話も訊かせていただきました。手作りコースター、カウンターの瓶入り植物、可愛いレジ。全てがお客さんが持ってきてくれたものだそう。

どれもこれもいいな。愛らしくて、温かくて、他にはなくて。

純喫茶 バウハウス 純喫茶 バウハウス 純喫茶 バウハウス 純喫茶 バウハウス

隅っこにはテイストが異なる空間も。

純喫茶 バウハウス

クッションのパッチワークが可愛い。これもお客さんから? 訊いてみるとマスターが作ったとのこと。キャー!!! 感嘆の声を漏らしてしまいました。

なんて、なんて、素敵なの。

そして、これまで漠然としていた好きな純喫茶の条件が徐々にクリアになってきました。いや条件じゃなくて、条件を超えているというか…。

内装の素晴らしさ、珈琲の美味しさは大切ですが、それ以上に強く好きだと思える店には店主の人柄が大きく左右すること。今まで好きな純喫茶もそうだったと思い返しました。そしてこちらの純喫茶バウハウスもです。マスターのお人柄が大変に素晴らしい。

初めてであっても、壁がないというか、風通しが良い気が流れているのです。自信を持ってオススメできる純喫茶です。

純喫茶 バウハウス

これというのも、教えてくださったH様のおかげです。改めて御礼申し上げます。おかげ様で素敵な時間を過ごせすことができました。

純喫茶 バウハウス マッチ
純喫茶 バウハウス マッチ (2012年)

利用金額

  • ねぎトーストとアイスコーヒー 780円

関連記事

page top このエントリーをはてなブックマークに追加
<<【金沢八景】喫茶 オリビエ  | ホーム 【新宿三丁目】純喫茶 楽屋>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: