2012/04/18(水)  CATEGORY:神奈川県

【鶴見】クリッパー (閉店)

純喫茶を探している途中で出会った国道駅。今度は鶴見線に乗りたいな。あー、でも本数が少なそう。時刻を調べておかないと。純喫茶はあるのかな?

次回の散策をわくわくと想像しながら鶴見駅に戻る途中、「クリッパー」に出会う。

歩き疲れてお腹も空いていたので、良いタイミングだった。

外観

クリッパー

神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央5-11-20
※閉店

看板

看板には船の絵。

カウンター

バナナ、林檎、葡萄の飾りが付いた照明が彩るカウンター。

カウンター

サイフォンの器具が並び、棚には美しいグラスとカップ。

一見コーヒー一本槍な店に思えたが、軽食も色々あるようだ。

国道駅までたっぷり歩きお腹が空いていたので有り難い。ナポリタンとコーヒーを。(セットになるのかしら?)

マダム1人だった。食べ物を注文して悪かったかな? 奥で頼んだナポリタンを炒めている最中にも新しくお客さんが入ってきた。

出来上がったナポリタンを運んでくるマダム。冷蔵庫から粉チーズを取り出し、缶を振る。

後から来た常連風のお客さんの「アメリカン」に「はーい!」と忙しそうに注文を受ける頃、外からマスターが戻ってきた。老夫婦で切り盛りする店らしい。

ナポリタン

細麺。太い方が好みだけど、すごく美味しい。チーズはちょっと固まってました(笑)。

コーヒー

食後のコーヒーが出る頃には他のお客さんはみな帰ってしまった。マダムもマスターとバトンタッチし出かけてしまい、店内は私とマスターの2人だけに。

船の模型

船の模型を挟んだ向こうの席でマスターは食事を始めた。

もしかしたら、もう営業時間終わりなのかな?

コーヒーを飲み終えたし、そろそろ出よう。お食事中失礼します、とお会計をお願いした。

レジの上の照明

「あれ?伝票書いてないな。何頼んだの?」

「ナポリタンとコーヒー?」

「セットって頼んだ? セットって頼んだ方がいいよ」

久しぶりにサラッと入って、サラッと店を出ようと思っていたのですが中止。ぽろっと一言。

喫茶店に興味があるのです……。

「お茶いれようか?」

なんだなんだ。この展開(笑)。

海外旅行で買ってきたという台湾の緑茶とイギリスのハーブティーを目の前に。

「どっちがいい?」

ハーブティーで!

ハーブティー

ローズヒップみたいな酸味が美味しい。

お食事中

お茶を出して、食べかけのピラフのもとに戻るマスター。多分冷めちゃったと思う。ゴメンナサイ。

帰る前に店名のクリッパーについて聞いてみました。

船の模型を指差し、これは帆がないけど、帆船のことをクリッパーと呼ぶ。帆が大きいと速く走れるんだ。積荷によってティークリッパー、ウールクリッパーと呼ぶのだとも教えてくれた。

あーー!ティークリッパー!聞いたことある。そういう意味だったのか。

昔は店内はもっとたくさんの船具が溢れていたらしい。そして外には帆がついていて、電球もいっぱいついて、凝った外観だったと。

それは目を惹いただろうな、と想像する。

「地震もあったしね。落下して歩行者に怪我させたら大変だもの」

話の区切りがついたところで、今度こそ本当に退散しよう。でも…と。

ここに来る前に国道駅に行ってしまい、鶴見駅までの道が分からないので教えてください、と頼んだ。

「国道駅?あそこは映画やテレビのロケでよく使われるんだよ」

道理で! あの異様ともいえる昭和風景はなかなかないもの。

鳥籠の犬

この後、新たにお客さんが入ってくるまで、さらに話し込んでしまった。

利用金額

  • ナポリタン 730円
  • コーヒー 200円(セット料金)

関連記事

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

<<【椎名町】ヴィオレ  | ホーム 国道駅>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: