【小岩】珈琲 紅茶 モルダウ (2)(閉店)

あの時行っておけば。失ってから後悔するとはよく言うけど。

だから、小岩。南口の「モルダウ」は2年以上前に行ったきりでした。失礼だけど、「次来た時にはもうなかったりして」と思ったりもした。

閉店してても、もはや驚くまい。というより、気持ちに予防線張ってるんでしょうね。おそるおそる来てみると、まだやっていた!!!

外観

モルダウ

東京都江戸川区南小岩7-27-7 (JR小岩駅南口・サンロード商店街)
※閉店

夕方5時半過ぎ。もう終わりかとも思ったが、「大丈夫ですよ」とマダム。

まったく変わらぬ内装にホッとする。でも、赤と黒の市松模様の床。見ようによってはエキセントリック。

ツインピークスの小人の踊る部屋って、こんなじゃなかったかな? 見たのが昔すぎて記憶が曖昧。違ってたらゴメンナサイ。

高齢ながらマダムもお元気そう。

店内 店内 猫の置物 コーヒーとエリーゼ

コーヒーには一緒にお菓子のエリーゼも。

「ごゆっくりどうぞ」と声をかけて、マダムは奥に消えた。

グラス

お水で乾杯。確かに今ここに居るという証の記念撮影……

店内

してると、再度マダム登場。そして、「はい、どうぞ」と手渡されたのは……

店内

箱ティッシュ。

別の店で週刊誌をいきなり手渡されたことは何度かあるけど、ティッシュは初めて。

このおうち的なユルユル感好きだなぁ。

冷蔵庫

冷蔵庫にマグネットとかも。

でも、流れている音楽は格式高いクラシック音楽でした。「カノン」と「白鳥の湖」。厳かな気分になります。

なんとなくメニューを熟読。営業時間が9時から18時との表記あり。

「ごゆっくり」のお言葉に甘えていたいとこだけど、そろそろ閉店時間。

慌ててお会計をし、店内をぐるりと見回すと、前回と同じ新聞の切抜きがまだあった。

小岩なのになぜ神保町花月の記事が壁に貼ってあるのか。2年以上前からそのままだったので、気になり訊ねてみました。

「主人が神保町で…」

なるほど。そういうことだったんですね。

扉

店を出てから近くを少しぶらぶら。モルダウに戻ってくると、すでに電気は消えていた。

利用金額

  • コーヒー 400円

関連記事

 

8/1発売・書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: