2011/12/12(月)  CATEGORY:浅草

【浅草】純喫茶 ブラザー

浅草では競馬ファンが集う純喫茶が多い。

時に競馬指数が高すぎて圧倒されることもある。ここ「純喫茶ブラザー」のように。

外観

純喫茶 ブラザー

東京都台東区浅草2-13-2

ウインズ浅草がものすごーく近い喫茶店である。

客席は1階と2階。階段の「営業中」の札が目にとまり、2階へ行こうとした。が、有無を言わさぬ勢いで「1階へ!」と押し止められた。渋々1階の入口付近の席へ。

テレビでは競馬中継。明かに回りは全員競馬目当て。私、完全浮きまくり、完全アウェー。

だが気を取り直して注文することに。メニューを見ると、全体的に若干高めの値段設定。コーヒー550円。ただ、なんとなくこの雰囲気から察するに、粘りに粘りまくるお客さんばかりのように思えるので、値段はこれが正解だと思う。600円にしても平気そう。でも800円だと厳しいか。

入口付近の席でコーヒー

思った通り味はごく普通のコーヒーだった。完全場違いな私は息をひそめてコーヒーを啜る。

すると、2階からオジサンの野太い雄たけびが聞こえてきた。「それー!行け行け!」

2階の光景を想像すると、1階に押し止められた理由にようやく納得がいきました。そういえば階段下にマークシートと鉛筆が置いてあったなぁ
(;= =) 遠い目

だが、そんな熱気も、4時30分ピッタリに一気に消えました。競馬が終わり、一斉に2階からお客さんがゾロゾロ降りてきて、同時に1階のお客さんも、お会計して、店内ガラン。

テレビも消され、塵取りと箒を持って床を掃きだす店員さん。営業時間は何時か分からないけど、明らかに「本日の営業終了」といった無言の気配を察し、私も慌ててお会計をした。

食品サンプル

利用金額

  • コーヒー 550円

関連記事

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

<<【本所吾妻橋】ブラジルコーヒー  | ホーム 東大の銀杏とこゝろ>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: