2011/08/08(月)  CATEGORY:静岡県

【熱海】ナギサコーヒー店

ナギサコーヒー店」の周辺を歩くには少々はばかられた。うーん。なんだか歯切れが悪いな。こうなったら、ハッキリ言おう。風俗店に囲まれたいかがわしい場所なのだ。無料案内所もそばにあるし。そのせいもあって昨夏は足を踏み入れることができなかった。

外観

ナギサコーヒー店

静岡県熱海市渚町10-5
熱海のカフェ&レストラン | NAGISA

ナギサ・サンロード(なぎさ中通り)は飲み屋、風俗店の立ち並ぶ歓楽街。さすがにチャレンジャーな私でも、躊躇するエリア。

日中は店が閉まっていたからかろうじて歩くことができたが、やはり女1人、奇異に映るのだろうか? 店前で水を撒く方から思い切りぶしつけな視線を向けられた。

ナギサ・サンロードの廃墟

それにしても不景気による寂れ方はすさまじい。こんな廃墟ビルが堂々とほったらかしにされているのだから。変なテンションになり、思わず写真を撮った。それを見て、飲み屋のばあさんがニヤニヤしながら寄ってきた。「なんかイイものでも撮れた?」

なんだか気まずくなり、「ええまぁ…」とか曖昧な返事をぼそぼそ残し、速攻、その場から逃げた。

なぎさ中通り・太陽の顔

太陽の作り笑いがより一層不景気感、寂れた感を盛り上げてて、物悲しい。

怪しい雰囲気

そんな複雑な思いを抱えつつ、海辺へ抜ける小路に、ナギサコーヒー店があるのだ。

ナギサの看板 入口のショーケース

渚らしい南国の植物。とショーケース。

ナギサグループ

「ローソンナギサ店」「珈琲店ナギサ」「東映ナギサビデオ」「クラブナギサ」…と多角経営なナギサ。んーー。まだ全部やってるのかしら?(前者2つはやってるのは確認)

あとで知ったのだが、コーヒー店は1947年創業。熱海の純喫茶。儲かって儲かって笑いが止まらない時代なんてのもあったんでしょうね。ナギサグループ?のかつての栄華が偲ばれる。

約2ヶ月前。5月だがゴールデンウィークではない半端な時期に行った。そのせいか、店内はガラガラだった。

ナギサぽくはあったが、トーンが明るめで、あまり純喫茶を感じさせない内装だった。モスグリーンの椅子が並び、天井にはファンがくるくる回っている。ゆるめの洋楽がぼんやり聞こえてきた。

フルーツポンチと店内

こういうヌルくて、けだるい感じは嫌いじゃない。なんか珈琲よりもこう南国的なものが。ということでフルーツポンチ。氷たっぷりのソーダ水にフルーツ。

フルーツポンチ

プラスチックの花飾りが安っぽくて、とても素敵だ。

ナプキン

ナプキンにもお店のロゴ入り。

メニュー

メニューの表紙がイラストといい書体といい味が出ている。手書き感がなかなかイイ。

お会計のときレジのそばのカゴが目についた。無造作に入った山盛りマッチ。ナプキンと同じく帆船のイラストが入ったもの。遠慮なく1個いただいた。

ナギサコーヒー店マッチ
ナギサコーヒー店マッチ (2011年) ※画像をクリックするとマッチ側面が見れます。

利用金額

  • フルーツポンチ 650円

関連記事

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

<<【阿倍野】純喫茶 スワン  | ホーム 【高円寺】珈琲専門店 ボニー>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: