【阿倍野】純喫茶 スワン 阿倍野店

大阪に行ったのは、かれこれ4ヶ月ほど前。ぽつぽつ訪問レポを書き綴ってきましたが、これが最後の1店です。実際、この後すぐ新大阪駅へ向かい、帰りの新幹線に飛び乗りました。文字通り。発車2分前にギリギリ乗車と冷や汗ものでしたが、これまた良い思い出。

純喫茶 スワン」は以前ご紹介した「純喫茶 田園」と同じく、阿倍野のアーケード商店街にあります。

外観

純喫茶 スワン 阿倍野店

大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-3-19
純喫茶スワン

路面電車が走る大きな通り沿いの商店街。人通りが多い。純喫茶的には良い立地なんでしょうね。

スワンは白鳥のこと(←ハイ、知ってますね)。

白鳥の絵の看板

看板の白鳥がやけにリアル。手抜きはしないよ、スワン。

白鳥の柵

そして、こちらも。

いきなり店内。さっそく2階。柵がスケスケのスケルトン。白鳥のイラスト入り。

2階席から見下ろす

吹き抜けになってて開放感あります。

予約席

その上、さらに3階まであるという。が、純喫茶お約束の「御予約席」。きっと大阪在住の純喫茶好きによる純喫茶好きのための「純喫茶オフ」の会場になるんでしょうね!!! 私のように(え?)。

プリン

いろいろ食べ物、飲物種類ありましたが、そんなにゆっくりできないので、プリンとコーヒー。冒頭にも書きましたが帰りの新幹線の発車時刻が迫っていたのです。

それにしても3階は閉めていても1・2階だけでもずいぶん余裕があります。お客さんはそこそこ入ってくるのに。

広いっていいですね!!!

伝票

伝票にも……

メニュー

メニューにも「純喫茶」。嬉しい。

ティールームの看板

何度もくどいが、大阪にはティールーム(tea room)多いと思います。東京ではそんなに見た記憶ないです。そういえば山梨県甲府市では「ティルーム」が多かった。西から東にかけて「ティールーム」→「ティルーム」の流れなのだろうか?今後の研究テーマですね。

あ、おまけのようで申し訳ないですが、「純喫茶スワン京橋店」もあるそうです。

純喫茶スワン京橋店は2016年2月に訪問。 ※下記関連記事を参照

利用金額

  • プリン 450円
  • コーヒー 380円
 

8/1発売・書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

ヤスシ

はじめまして
お酒が呑めないせいもありまして
喫茶店の好きな61才です(^^;)

2年前、大阪旅行の際に宿が天王寺でしたので
ネットで見つけたこちらで朝食を摂りました。
評判通り、いやそれ以上に「黄金時代」の雰囲気が
品良く残っておりましてすっかりファンになりました(^^)
スタッフの若いお嬢さんに「ネットで観て神奈川から」
とお伝えしましたところ、相好を崩されていらっしゃいました。
モーニングのホットドッグ、美味しかったです(^^)

こちらのブログを見つけてまだ数日ですが
毎日夢中になって拝見しております(笑)
何軒か訪れたお店もありますので
またコメントさせて頂きますね♪

エムケイ

>ヤスシさん
はじめまして。

お酒が飲めないかわりに喫茶店が好きという人多いみたいですね!

こちらの店は随分前に訪問しましたが、「黄金時代」の雰囲気、たしかに残っています。
京橋店もあり、そちらも素敵なのですが、純喫茶慣れしていない時代に訪問したこちらの阿倍野店の方が印象は強いです。

>こちらのブログを見つけてまだ数日ですが
毎日夢中になって拝見しております(笑)

おお! 嬉しいお言葉!
隅々までどんどん見てくださいね。
非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: