2010/01/20(水)  CATEGORY:小岩・新小岩近辺

【小岩】珈琲 紅茶 モルダウ (1)(閉店)

小岩に純喫茶プチ遠征したとき見つけたのが、こちら。
珈琲 紅茶 モルダウ

外観

モルダウ

東京都江戸川区南小岩7-27-7 (JR小岩駅南口・サンロード商店街)
※閉店

地蔵通入口「喫茶 白鳥」とは目と鼻の先。 モルダウは寂れた雰囲気のサンロード商店街にあった。

目にしてすぐにテンション上がった。 けど、メニューもショウケースも看板もなくて(実際は蔦に隠れていた)薄暗い。 だが、なんといっても活気がない

ここは冷静になれ、私。と道路越しに外観だけパチリと写真を撮ってみた。

半信半疑。この手の蔦がぐるぐる絡まる系の純喫茶は私の大好物。 ただ、いざ近寄ると、「しばらく休業します」だったり、すでに閉店した店の残骸だったり、 お客が来ないから「今日はもう店閉める」とか。ありがち。

外観

心の中で予防線を張りつつ、じわりじわり近寄ってみる。 どうやら中は電気がついているようだ。おそるおそる扉を開けてみた。

入口と照明

奥からおばあちゃんが出てきました。柔和な感じでにこやか。 拍子抜けしました。 勝手にこっちは無愛想でこだわりのマスターを想像して、緊張してたから。

狭い店内はせいぜいキャパ10人。お客はゼロでした。 そして内装は古き良き時代の面影が残る純喫茶。 床は赤と黒の市松模様。窓には白いレースのカーテン。

店内の様子

目立つ位置に冷蔵庫があったり、その上に雑然と花が置かれていたり、カウンターは無雑作で生活感もありましたが、それもまたよし。

壁には新聞の切り抜きが貼られてたので、このモルダウの紹介記事かと思って読むと、 なぜか吉本興業の劇場・神保町花月の記事で、どうして?と首をかしげながら、 薄暗い店内で目を凝らしていると、珈琲を持って(お煎餅付き)おばあちゃんがやってきました。

コーヒー

「暗かったら電気(家庭にあるようなタイプ)つけてもいいですよ。 電気消してた方が雰囲気あるからつけないで、ってお客さんもいるんですけど・・・」

とだけ声をかけて、また元の奥に戻っていかれました。

電気はつけてみたものの、やっぱり消した方が雰囲気良かったので、 しばらくして消しました。

そういえば、店名がモルダウでしたね。 だからか、勝手にクラシックが流れる店と思い込んでました。 中学時代に「ボヘミアの河よ~♪モルダウよ~♪」って歌(スメタナのわが祖国)を 音楽の授業で歌った記憶あったので。

が、実際はクラシックではなく、店内はシャンソンが流れていてました。 有名な曲「バラ色の人生」とか。 でも店内のこじんまりした空間には、このシャンソンが妙にマッチしてた。 いい感じにのんびりさせていただきました。

利用金額

  • コーヒー 400円

関連記事

page top このエントリーをはてなブックマークに追加
<<【糀谷】パーラー チェリー  | ホーム 【小岩】純喫茶 シャトー (閉店)>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

Instagram⇒@emu_kei_

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: