【三崎港】珈琲の店 キー

三崎港、海がすぐソコという絶景ロケーション「珈琲の店 キー」。
映画「亀は意外と速く泳ぐ」のロケ地にもなった喫茶店。

外観

珈琲の店 キー

神奈川県三浦市三崎2-7-2 (京急三崎口からバスで「三崎港」下車徒歩)

珈琲カップ

いまにもコーヒーがこぼれ落ちそうなコーヒーカップがノスタルジー。それにしても、鍵の絵と「KEY」のロゴがどう見ても、「KEY COFFEE」にしか見えない件。あえて、ツッコミは入れないでおこう。

昨年12月、三崎レトロ散策をしていて見つけたが、運悪く休みだった。そのとき心に固く誓った。「絶対、行く。キーのためだけに。」と。本当に実現化してきましたよ。本当にキーのためだけに三崎港まで行ってきました。

奥から中央を望む1 店内の様子1 アーチの奥のタイルアート空間2 奥から中央を望む2 天井の照明 アーチの奥のタイルアート空間1

店内に実際に入ったからこそ言える。外のコーヒーカップの存在がかすんでしまうくらい、数倍以上店内は素敵だった。

常連さんが集うカウンターから折れ曲がると、メインエリアが広がる。ウッディーなダークブラウンの壁、深紅のベルベットの椅子、高低差のある垂れ下がった照明、窓際の席も素敵だが、私はなによりも奥の空間に心奪われた。

奥の一段高くなったスペース。アーチをくぐると、そこにはモザイクタイルアートの壁、天井にはステンドグラス照明。数点雰囲気のある絵も飾られている。

ケーキセット

ケーキセットを注文。ケーキはチーズケーキかチョコレートケーキだが、最後の1個チョコレートケーキしかない、とのことでコレ。アイスコーヒーは甘くないもので、と注文。

ケーキは微妙に好みではなかったけど、メロンが付いてきて嬉しい。アイスコーヒーもかち割り氷で、たっぷりした量。大好きな銅製カップに入って。

窓から外を見る

遠くからかすかにジャスが聞こえてくる店内。奥の小高いスペースから窓の外も見える。くるくる回るスタンド看板。「KEY COFFEE」と「珈琲の店キー」が交互にくるくると。

ときおり、バスがゴゴーーと駆け抜けていくその様子を見て、どこか懐かしい気分になった。こういうシーンがあったのかどうか覚えてないけど、昔大好きだった映画「バグダッド・カフェ」を思い出した。そしてテーマ曲「Calling you」が頭に流れた。

なんだか自分の中のモヤが晴れていく心境。気づいたら、思いついたことをとりとめもなくノートに書き綴っていた。

私が作詞家ならば1つの詩を、私が小説家ならば1つの短編小説を、勢いまかせて作ってしまえるかも。と、カッコつけてクリエイターぶってみましたが、全然。私はそういう人間ではない。

また煮詰まったら、多少時間がかかっても、またここに来よう。そういう場所を見つけれて、とても嬉しい。

マッチ開くと マッチ表
コースター 看板
伝票表 伝票裏
キー専用駐車場

[2012/07/31追記]
2012年5月に火災が起き、更地になったとのこと。ただ嬉しいことに、再開するかもしれない、という噂もあり。その日まで楽しみに待ちたいと思います。
*詳しくは海塩みかんさんのブログをご覧ください(→記事

利用金額

  • ケーキセット 630円

関連記事

コメント

非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: