【後閑】ドイツコーヒー 夢 (2) 野戦料理とジャガイモのパンケーキ

2年ぶりに「ドイツコーヒー夢」と再会。

『じゅんじゅん会2018』最大のイベント。ずっと夢にまで見た、ドイツコーヒー夢のSpecialメニューをいただける日がやってきた。

後閑・ドイツコーヒー夢

ドイツコーヒー 夢

群馬県利根郡みなかみ町後閑314-1
ドイツコーヒー夢

高崎で上越線に乗り込み、登山の格好をした人たちに囲まれ、揺られること50分。後閑駅に到着したのは11時16分。

ドイツコーヒー夢は11時30分から。少し早い。

しかし、事前に予約をしてあるので(!)早目に開けてくれてる、とのこと。おお、なんてこと(驚)!

こちらの店は本当に駅前にある。10秒で店の前に着いてしまった。

ドアが開き中からマダムが出てきて、「ご予約の方ですね。どうぞ」と招き入れてくれた。

後閑・ドイツコーヒー夢 後閑・ドイツコーヒー夢 後閑・ドイツコーヒー夢 後閑・ドイツコーヒー夢

相変わらずのドイツそのものの、素晴らしい空間!
※ドイツには行ったことなし

しかも、さらに雰囲気が良くなってる気がする。2年前は長期休業の後復活したばかりで、どこかフワフワ浮足立つ感覚があった。今は地に足がついてどっしりとした余裕を感じる。

前回いただいたのはコーヒー。独特のアレンジを施したコーヒーを飲み、ドイツコーヒー夢の世界観に酔いしれたのだった。

今回は食事がしたい! 後閑まで足を運んだのは、そのためである。

先代店主の“おじさん”の写真が飾ってあった。昔のドイツ兵の格好をし、チョンと両端が跳ね上がったダリみたいな髭。漫画に出てきそう。

その“おじさん”が描いた、幻想的でメルヘンチックなメニューブックに目を通す。

このメニュー、絵の中に料理が出てくるストーリ仕立てで、よく分からない(笑)。絵本の世界なのね。

でも心配は無用(?)。お店のサイトで予習していたので、人気の『野戦料理』と『ジャガイモのパンケーキ』が候補にあがる。一品一品量があるのでシェアすればいいんじゃない? 以上2点を注文。

そして、もう一つ大事なことも。

12時55分発の電車に乗りたいので、間に合うようにお願いします、と念を押した。

前回は飲み物だけでも30分かかった(特殊なケースではない)。食事はそれ以上かかる。電車が1時間に1本なので、逃すと大変なことになる。

料理が出てくるのを待ってると、高崎駅で見た蒸気機関車の『SLぐんま みなかみ』がとまった。見に行こうとしたら、行ってしまった(;_;)。朝見れたからいいけどね。

後閑・ドイツコーヒー夢

野戦料理』がフライパンにて登場。

まさに戦いの最中だ。湯気がもうもうと立ち上り、中はグツグツ煮立っている。これは熱そう。舌を火傷してしまいそうなので、少し待ってからにしよう。

後閑・ドイツコーヒー夢

ジャガイモのパンケーキ

隣の野戦料理が大きいので小さく見えるが、実のところかなり大きい。2人前以上はある。

後閑・ドイツコーヒー夢

ナイフ入刀。

後閑・ドイツコーヒー夢

6等分に切り分けた。

後閑・ドイツコーヒー夢

リンゴのすり下ろしたもの。こちらをパンケーキと一緒に食べる。

後閑・ドイツコーヒー夢

パンケーキというより具のないチヂミみたい。

どんなお味かしら?

あはぁ…(うっとり)。これは、今まで食べたことない。さすがドイツコーヒー! 最高!!!!!!!!!

隠し味はなんだろう。単純なじゃがいもの味ではない。表面はカリッとしてるけど、中はモチモチ。大根もちと食感が似てる。

パンケーキだけで食べても美味しいけど、リンゴと一緒に食べるとまた別の世界への扉が開く。

(じゃがいものパンケーキには他にもトッピングがあるらしく、トマトを練り込んだもの?もあるようで、こちらも気になる)

後閑・ドイツコーヒー夢

ジャガイモのパンケーキに感嘆の声を上げつつ、お次は野戦料理にかかる。

こちらは簡単に言えば、酸っぱ辛いうどん。といってもマイルド。本来は滅茶苦茶辛いものなのらしい。だが、辛いものが苦手な人がいたので、お子様向けの辛さ控え目で作ってもらった。

個人的にはジャガイモのパンケーキが超絶好みだったので、こちらの少し印象は薄くなってしまった。もしかすると、オリジナルの激辛だったら印象は違ったかもしれない。なんたって『火を吹くほど辛い』んだから。いつの日にか本来の激辛野戦料理を味わってみたい。

後閑・ドイツコーヒー夢

あの唐辛子を野戦料理に使ってるのかな?

後閑・ドイツコーヒー夢

食後のデザートが出てきた。えっ? 3種類?

これは全部食べたい。

時計回りに三角食べをすることに。

後閑・ドイツコーヒー夢

ドイツコーヒー夢独自の創作デザートかな? ラムネ餡がのった不思議な味のデザートが印象に残ってる。

ただ実際の好みとなると、無難に食べ慣れたプリンかレアチーズの方なんだけどね(^_^;)。

後閑・ドイツコーヒー夢

お会計をしたのは電車の5分前。

マダムが外までお見送りをしてくれ、12時55分発のJR上越線(水上行)に乗り、次の目的地小出に向かった。

利用金額

  • 野戦料理、ジャガイモのパンケーキ、デザート3種で計2800円
 

8/1発売・書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: