【下諏訪】喫茶 たむたむ

ピカドン以降、松本はいまいち盛り上がらなかった。

そのまま軒数を重ねても惰性になってしまうので、早めに切り上げ、戻りがてら下諏訪に移動。

子供っぽい不思議な店名の喫茶店「たむたむ」に向かった。

下諏訪・たむたむ1

喫茶 たむたむ

長野県諏訪郡下諏訪町南四王6126-5

すっかり暗くなっていた。

人気がなくて面白みのない道を、とぼとぼ歩く心細さ。21時まで営業しているという情報をネットで見ていたので来てみたが、本当にそんなに遅くまで? 更新されていない古い営業時間にこれまで何度泣いたことか……。

願いは一つ。とりあえず、やってて欲しい。

下諏訪・たむたむ2

電気、ついてる! 見覚えのある緑のチモトの看板。嬉しい!!!!!!!!!!!!!!

下諏訪・たむたむ3

彼がたむたむ???

下諏訪・たむたむ4

チモトの3人兄弟のキャラター。紫色のは初めて見る。

※【参考】八王子の珈琲専門店憩はオレンジの衣装。

下諏訪・たむたむ5 下諏訪・たむたむ6 下諏訪・たむたむ7 下諏訪・たむたむ8 下諏訪・たむたむ9

営業してくれてて感謝。

念の為にママさんに、何時まで営業しているのか聞いてみると、固い表情で20時までと返事。ネット情報の21時に及ばぬものの、充分すごい。

自分以外お客さん全然いないし、入ってきそうにないし、正直20時まで開けてて意味あるのかな~(^_^;)。

店内広いのにね、もったいない。天井も高い。

強烈にインパクトある何かはないが、深みのある色合いの調度品は喫茶店らしくて落ち着ける。本当はその“何か”を求めて純喫茶巡りをしているのだが。この店の場合、入れたことそのものに満足してる。

下諏訪・たむたむ10

グッときたのが、珈琲セールス。

珈琲豆を販売してるみたい。珈琲は自家焙煎?

珈琲に自信ありなんだろうなー。て思ったけど、松本で珈琲飲みまくってるので、そんな気分じゃない。

下諏訪・たむたむ11

メニューを広げると、珈琲以外にもドリンク類が充実してた。意外にも! スッキリした店の雰囲気からは想像できなかった。

下諏訪・たむたむ12

豆乳ブルーベリーヨーグルトドリンク

すみれ色の飲み物なんて何年ぶりだろう。記憶にあるのは、鴨宮エリアのバイオレットフィズぐらい(あれもカクテルだし)。

毒々しくて一瞬ギョッとした。よく考えると原料はブルーベリーだから、目には良い。ヘルシー。

ジョッキか~。これ、飲みきれるかな? 最初は量にビビッたけど、飲みやすいし美味しいので、あっという間に空。氷が場所取ってただけで、実際の量はそれほどでも(^_^;)。

下諏訪・たむたむ13

お水のグラスが闇夜のよう。

「Coffee & Snack
「たむたむ & タムタム」

外の看板はこうなっている。夜はSnackタムタムになったりするのかな?

利用金額

  • 豆乳ブルーベリーヨーグルトドリンク 630円

関連記事

 

8/1発売・書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

coffee sugar

おしゃれなチモト3兄弟!
エムケイさんこんにちは、coffee sugarです。
たむたむ、ステキですね!夜の外観が落ち着いた雰囲気。私の好きな風景です!
チモトの看板は、ここ大阪ではまず見られませんね。以前長野県伊那市で出会った喫茶店には「緑の チモト」の看板がありましたが、紫のは初めて見ました!
チモトブラザース、秋の装い。めっちゃオシャレ~(笑)
あれっ、エムケイさん?松本からバスでまっすぐ東京に戻られるんじゃ……?
ちゃっかり諏訪でわき道にそれちゃいましたね。
ちゃっかり、じゃなくて私からすれば「やっぱり」かな(笑)
さすがエムケイさん。本当に喫茶店が好きなんですね。
寒くなり、ホットコーヒーが心身にしみる季節になりました。
お体を大切に、純喫茶めぐりを楽しんでください。

エムケイ

>coffee sugarさん
チモトは大阪にはないんですか!
そういえば見たことないかも?

一方大阪含む関西圏ではよく見かける、スフィンクスがアイスコーヒーを飲む背景赤地のコーヒーポスターは、関東圏では滅多にお目にかかれません。
なので、運良く見かけるとテンション上がります。
つい最近、新潟で目撃。

ところで長野県伊那市に行かれたんですか~ 凄いな~
私も伊那市は目をつけてたんですよね。喫茶店巡りをされてる人から情報いただきました。
でもここまで行くのは、日帰りだとキツイかな…と二の足踏んでます。

バスの件ですが、詳細を述べますと、ピカドンに行くために松本駅からバスに乗った、が正解です。
ピカドンのある信州大学前は松本からも北松本からも到底歩けないのでバスを利用してます。
下諏訪は松本から電車です。
非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: