【松本】茶房 炉苑(ろえん)

松本って、こんな感じ。

洋風よりも和風、純喫茶よりは茶房。そんな喫茶店。

実際店名の冠は茶房だった。松本駅前の「茶房 炉苑」に、バスの時間までの調整で訪れた。

松本・茶房炉苑1

茶房 炉苑

長野県松本市中央1-2-24

松本・茶房炉苑2 松本・茶房炉苑3 松本・茶房炉苑4

冒頭で洋風より和風と書いたが、本当は和洋折衷。

椅子もペンダントライトもカーテンも店内にあるものは、ほとんどが洋風だ。しかし今思い返すと、和風の印象だけが残っている。

それは明らかに中央にある囲炉裏のせいだろう。田舎のおばあちゃんがほっかむりして暖を取る、昔話に出てきそうな囲炉裏。店名の由来もこれかもね。

と、ここまで書いて、囲炉裏の写真がないことに気付いた。

お客さんが座っていたので、撮るタイミングがなかったのだ。

私が座ったのは、囲炉裏の見えない奥の空間。フォトジェニックよりも、身を隠すことを選んだ。

店内にはBGMがなく、無音。

松本・茶房炉苑5

メニュー表がファンシーな80年代風。こんな包装紙をどこかで見た記憶が……。

松本・茶房炉苑6

キラーン。裏は流れ星。

松本・茶房炉苑7

珈琲を頼んだら、素敵なカップで登場。

松本・茶房炉苑8

高原の植物スズラン。長野県らしい、と思った。

利用金額

  • ブレンドコーヒー 400円

関連記事

 

8/1発売・書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

枡矢です

炉苑
ご無沙汰しています。炉苑に行かれたんですね。松本駅前ロータリーに着くと正面は、アベ、左は 、 炉苑、どっちも捨てがたいですよね。炉苑の写真が見れて嬉しいです。思い出の店なんです。歌舞伎町のクローバー潰れたんですね。懐かしいですね。エムケイさんを見捨てて先に逃げたのは私です。反省してます。笑。

エムケイ

>枡矢さん
炉苑行きましたよ。お勧めされてから何年も経ってます(^_^;)。
思い出の場所なんですね?
同じ駅前でもアベのある商店街の方が表通りという感じで、何も考えないとそっち行ってしまいます。
炉苑のあるあたりは駅前なのに、地味ですよね。ちょっと怪しい感じも?

歌舞伎町のクローバーでの出会いは衝撃でしたね。
内装はかなり好みなので、あの客層と遭遇しなかったら、何度か通ってたはずなのに、運が悪かったです。
本がまったく頭に入ってこなかったですよ(^_^;)。
非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: