【弘明寺】喫茶 モカ (2)

いつ閉店してもおかしくないから早く行った方がいい。

そう言われ2012年に訪問した「喫茶モカ」は、6年経った今も弘明寺駅前の古いアーケードで営業を続けている。

ただ、それも長くない気がする。

弘明寺・モカ1

喫茶 モカ

神奈川県横浜市南区大岡2-32-4

ある日思い立ち、お店に電話してみると、

現在使われておりません

なんだってー! とうとう閉店したか! 6年前ですら、今にも閉店しそうな雰囲気だったので、それは有り得る。

だけど、奈良や鳥取じゃないし、たとえフラれても外観を拝むために訪れたっていいんじゃないか、とりあえず行くだけ行ってみようかと来てみたら、何食わぬ顔で平然と営業中。

電話かけるって一体何なんだろうね(笑)?

弘明寺・モカ2

モカといえばこの黄色のペプシコーラの看板。

弘明寺・モカ3

ドアの脇には細長いショーケース。

弘明寺・モカ4

コーヒー、テーイ、¥300の値札。

ずっとご無沙汰してたけど、少しも変わってないのが嬉しい。

ここで6年前に書いた記事をもう一度見返してみた。ギャー―! ヒドイ……。写真の汚さ、無駄に長い文章は読んでてだるい。あのさー、一体誰が書いたのよ?

といいつつ、昔の記事にもそれなりに愛着もあるので、それはそれとして、再訪問のレポート。

弘明寺・モカ5 弘明寺・モカ6 弘明寺・モカ7 弘明寺・モカ8 弘明寺・モカ9 弘明寺・モカ10

記憶の中にあるモカの風景そのまま。

使いこまれ脚が変色したパイプ椅子とテーブル。文字と数字をはめこむタイプのメニュー表。お客さんが描いた絵。

そしてマスター。

奥には、ラップがかかった亀のはく製が飾ってあった。これは記憶にはないな。

弘明寺・モカ11

ペプシコーラにする?

あー。でも、たしか前にも頼んでた。どうせなら違うものが…(この考え方は非常にブロガーっぽい)。

クリームジュースがあった。

大阪ではクリームジュースはミックスジュースにアイスクリームが乗ったものが出てきたけど、ここでもそうなのかな?

「そうねえ、ジュースはオレンジ、レモン、トマトがあるけど」

ジュースといっても色々あるわけね。でもトマトって? トマトジュースにアイスクリームを乗せたのなんて見たことがない。合わなそう。暑いしレモンにしてみよう。

弘明寺・モカ12

クリームレモンジュースは不思議な味だった。

窓際が特等席じゃないかしら? ここだけは他と椅子もテーブルも違う。テーブルクロスがかかってて、その下は壊れたゲーム機。後ろにはレトロな家電。これは以前隣の部屋に置いてあった。移動したみたいね。

「前はここになかったですよね?」とマスターに聞いてみると、

「いや、前からずっとここに置いてるよ」

いやいやいや(^_^;)。隣の部屋にあったよ。覚えてるもの。って、そんな押し問答してもしょうがないから、そうですかで終わらせた。さすがに6年の歳月は長かった。マスターにとってはずっとになるんだろうね。

弘明寺・モカ13

風格のある東芝のエンブレム。

弘明寺・モカ14 弘明寺・モカ15

蓋を開けると、旧式のレコードプレーヤー。真空管なんだそう。


創業昭和31年。喫茶モカは60年以上営業している。

マスターは86歳。定休日は日曜日だが、最近では体調が悪い日、天気が悪い日はお休みをされているとのこと。

「来るお客さんは常連さんしかいないしね。どんどん死んじゃって寂しいよ」

一見寡黙で怖そうにも見えるが、話しかけるとのってくるし話が長い(笑)。

お客さんと話するのを楽しみにしてるのかもしれない。

帰り際に「お元気で」と言うと、笑顔で「ありがとう」と返してくれた。

弘明寺・モカ16

電話は解約してしまった、とのこと。

なんか最近そういう喫茶店が多くなってる。

利用金額

  • クリームジュース 400円

関連記事

 

8/1発売・書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

散人

おお!
目的地の帰路に「猿楽珈琲」に行こうかしら、と思ってたところ。
出掛けに、いつものお知恵拝借、と拝見しました。

そうだ、こちらにしよう!
いや、「はしご」かな。
真逆なコンセプトのお隣さん店舗(一軒先だったか?)どうしですが、

>一見寡黙で怖そうにも見えるが、話しかけるとのってくるし話が長い(笑)。

あらー、似てる。。。

散人

追伸
「15~17日、連休します。」ということで入店かなわず、でした。
遠目に、シャッター&白い貼紙、、、ってドッキリですよね。
で、お隣の「猿楽珈琲」のみの弘明寺となりました。

弘明寺商店街、赤い橋のたもとに「コーヒー豆販売」とある「喫茶ken」。
純喫茶?ですが、軽食もあります。数年前の桜祭りに入店しました。
当時超高齢のマスター&マダムでしたが、花見客で激混みの店内対応が、
失礼ながら、かわいらしい・・・ってくらいのてんてこまいっぷりでした。
今回スルーしてしまいましたが、のぞいてみればよかったな、と思い出した
次第。


エムケイ

>散人さん
隣が「猿楽珈琲」だということをすっかり忘れてました。
知ってたのに完全スルーです。
でも写真を見ても、全然やってる気配ないですね(笑)。
それが持ち味なんでしょうか。

> 「15~17日、連休します。」ということで入店かなわず、でした。
> 遠目に、シャッター&白い貼紙、、、ってドッキリですよね。

いや~
それは心臓に悪い。
私もシャッターに貼り紙あると、瞬時に身構える癖がつきました。
15~17というと、少し遅めのお盆休みといったところでしょうか。
非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: