【河原町】喫茶 ソワレ

京都の喫茶店は、珠玉がデフォルトに違いない。

頑ななまでの他に流されないぞアピール、頑ななまでのマイナー地域志向ゆえ、京都はひたすら後回しにしていた。でもいざ観念し訪問すると凄い。

超有名店「喫茶 ソワレ」。こちらも素敵。

河原町・ソワレ1

喫茶 ソワレ

京都府京都市下京区西木屋町通四条上る真町95

本当は2016年に京都で純喫茶巡りをしたときに入る予定だった。

以前は夜10時とか11時まで営業しているイメージだったので、あちこち回った後に夜7時頃入ったら、「ラストオーダーは終わりました」と冷たい対応。気取った店? あまり良い印象を抱いていなかった。

しかし色んな方から、「それでもソワレは別格」と推されてたのもあり、今年1月にやっとのこと念願(?)の初訪問を果たしたのだった。

河原町・ソワレ2 河原町・ソワレ3

ところがいざ入店しようとしたら、

河原町・ソワレ4

本日のゼリーは完売しました

ああああ! 売り切れリスク考慮してなかった><

河原町・ソワレ5 河原町・ソワレ6

1階も素敵だったけど2階へ。

河原町・ソワレ7 河原町・ソワレ8 河原町・ソワレ9 河原町・ソワレ10 河原町・ソワレ10 河原町・ソワレ11

素敵としか言いようがない。

世界観が確立され、圧倒される。これまで沢山の写真を見ているし、分かってはいたけども、いざ実物を目にするとやはり凄い。

青い光の幻想的なムード。嗚呼。

さすがの人気店。ほぼ満席で、少し待たされてから席に案内されたが、ここって特等席では? 窓際の奥の端っこ。全体が眺められるし、すっぽり篭れて落ち着くし、ちらっとだけ窓から外も見れる。

河原町・ソワレ12

そしてロマンティックな葡萄のライト。

幻想的な色合いがどことなくゼリーポンチを彷彿とさせる。この美しい葡萄ライトを眺めてれば、気分はゼリーポンチ。

河原町・ソワレ13

冬期限定ぜんざいを。

河原町・ソワレ14

さすがはロマンティックソワレ。ぜんざいもただのぜんざいじゃなくて、丸い白玉と★型のミルクゼリー、カラースプレイみたいなカラフルな粒々(あられ?)も浮かんでる。

正直言うと、値段のわりに味は超普通。でも本当に美味しいぜんざいを食べたかったら甘味処に行けばいいだけだし、無問題。ここではひたすら素敵、うっとりと幻想的な世界に浸る。それだけで充分。

河原町・ソワレ15

伝票見ても単なる記号の処理みたいで、なんだか分からなかった。

河原町・ソワレ16

2016年に撮影した東郷青児の絵の入った看板。今回は見当たらなかった。外してしまったのだろうか?

次こそはゼリーポンチ。今度はなくならないよう早い時間に来よう。

利用金額

  • 冬期限定ぜんざい 750円

関連記事

 

8/1発売・書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

盆町子

初めましてm(_ _)m
こんにちは。愛読者のものです。
拙ブログにて、エムケイさんのブログをさらっと短くですがご紹介させて頂きました。ご連絡が後になりまして、申し訳ありません。
どうぞよろしくお願いします。
m(_ _)m

https://blogs.yahoo.co.jp/bonmachiko2016/36661530.html

エムケイ

>盆町子さん
初めまして。
ブログ拝見しました。
当ブログをご紹介いただきありがとうございます。
これからも精進しますので、どうぞよろしくお願いします。
非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: