【桐生】桐生のレトロな街並みとモリカワ珈琲店

純喫茶目線だと桐生は物足りない。しかし街並みはレトロで魅力的だった。前回立田野食堂について書いたことだし、せっかくなのでこちらも記録しておきたい。

ただし訪問したのが2016年7月なのでご了承ください。

桐生の街並み1

マルチカラーのアーケードに沿ってぐるっとカーブすると、

桐生の街並み2

きりっとシャープなかっこいい建物。

桐生の街並み3

尖った葉っぱみたいな形をした穴がずらっと横並び。

桐生の街並み4

男子専科丸大というひしゃげた看板が付いている。男性洋品店みたい。

桐生の街並み5

こんなのも。桐生は保守的な古臭いだけの街並みだと思っていたけど、こちらには新しさすら感じる。

桐生の街並み6

らうんじ サンローゼ

全国回っていると、定期的にサンローゼという店に出会う。まさか桐生にもあったとはね。らうんじが微妙な気もするが。喫茶店というよりクラブ(お姉さんが付く)なのかしら? それともコーヒーラウンジとかティーラウンジの意味なのかしら?

桐生の街並み7

桐生という滅多に来れない距離感が私を突き動かした。探訪せよの指令に従い、オレンジの幌のついた階段を上った。

桐生の街並み8

入れそうな気配がなく、さっさと引き返した。

桐生の街並み9

あれは?

桐生の街並み10

JJ? 一瞬あの女性ファッション誌のJJのパクリかと思ったけど、これは別かなあ。オールナイト・ビア・レストランらしい。

桐生の街並み11

ここでチェックしていた1軒目の純喫茶「珈琲の店 エリーゼ」。

カップの中に入った店名のロゴがカッコイイ。ここはぜひとも入りたい!と思ったけど、入口の細長いシャッターがおりて新聞が突き刺さっていた。

桐生の街並み12

店舗の上が住居になっているモダンテイストのマンション。右上の時計と壁面の青と白のコントラストが青空に映える。

桐生の街並み13

街中にラブホテルが!

桐生の街並み14

と思ったら違った(^_^;)。

婦人用の洋品店「丸新(MARUSHIN)」。

これまたモダンなセンス。さっきの男子専科の店名にも丸がついたけど、窓の形もどことなく似てるし、意外と関係があったりして?

桐生の街並み15

ノエビア化粧品のベンチ。

いったん休憩。ここまで随分長くなっちゃったけど、もうひとつ別の記事に分けた方がいいのかしら? でも無駄に記事を増やすのは好きじゃないし、なんとか余計な部分を省いて1回におさめるように頑張ってみる。

桐生の街並み16

コーヒー&ランチの店。今風の店っぽかったからスルー。

桐生の街並み17

わき道にそれると、廃業パチンコ店「あたりや

えっ? 当たり屋? えっ? えっ? えっ?

桐生の街並み18

裏に回ると南口もあった。

桐生の街並み19 桐生の街並み20 桐生の街並み21 桐生の街並み22 桐生の街並み23 桐生の街並み24 桐生の街並み25

錦町十字路

立田野食堂の記事でここがかつて華々しい場所だったに違いないと書いた。交差点を中心にぐるりと囲む立派な商店の写真を見返すと、けして当てずっぽうでもなかったと改めて思った。

桐生の街並み26

お腹も空いてたのと歩き疲れもあり、ここでやっと桐生での一軒目「立田野食堂」に入店。

桐生の街並み27

立田野食堂を出た後は、またもやわき道へ。艶めかしいくすんだピンクの建物を見付ける。西桐生の記事でも書いたけど、この辺の人はやっぱりピンクが好きなんじゃないかしら?

桐生の街並み28

なんとも味わい深い「福助食堂」。すでに現役を退いて自宅化した雰囲気だけど、実際のところは不明。

桐生に限らず群馬県て喫茶店より食堂の方が魅力的な物件が多い気がする。正直この桐生訪問も、候補に喫茶を挙げながらも一番のお目当てが立田野食堂だったりするし、ちょっと喫茶的には寂しい県な気がする。

桐生・モリムラ珈琲店1

桐生で入った喫茶店はこちらの1軒だけ。

桐生・モリムラ珈琲店2

モリムラ珈琲店

この日は7月30日だったが、七夕の華やかな飾りで店頭は賑やかだった。

桐生・モリムラ珈琲店3

外のキッチュな華々しさとは一転し店内は茶系の落ち着いた内装。綺麗め。BGMはシャンソン。

桐生・モリムラ珈琲店4

夏はレモンスカッシュばかり頼んでいる。

パートらしき女性が「チェリーが…」と言いながら持ってきてくれたが、テーブルに置いてそのまま出ていってしまった。念の為探してみたがチェリーは見つからなかった。

利用金額

  • レモンスカッシュ 530円
 

8/1発売・書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

SHIHO

2018年もよろしくお願いします*\(^o^)/*

七夕飾りが可愛いですね(*^^*)
笹飾りが一般的と思ってましたが、全く違うものですね(o^^o)

街並みは少し寂しい感じがしますが、かつての賑わいを想像しながらの散策は面白いですね(о´∀`о)

レモンスカッシュのチェリーの行方やいかに?!(笑)

エムケイ

>SHIHOさん
こちらこそよろしくお願いします。
昨年はブログでもインスタでもお世話になりました。
年末年始の和歌山喫茶のご報告楽しみにしてます。

七夕飾りが凄いですよね。
でも他はまったくなくてこの店だけだったので、一体いつまでこの店は七夕の飾りを撤去するのだろう?
タイミングはいつなのか。

桐生はかつてはかなり栄えていたと思います。
そこかしこに重厚な面影があります。
人がいないのにお店の建物が立派。

レモンスカッシュのチェリー一体どうなったんでしょうね?
「チェリーはない」と言いたかったのか?
それとも「これからチェリーを買いに行きます」(←これはどうかと思いますが)なのか?
非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: