2017/09/12(火)  CATEGORY:愛媛県

【今治】記憶にとどめておきたい風景と純喫茶 (2) 今治ラヂウム温泉等

暑さというのは正常な判断力を奪う。

このたびの愛媛遠征の下調べは完全分業制。各々が責任を持って調べ、片方は事前に何も知らない状況で現地でバッタリ!というパターンなので、初見の感動を損なわないのはメリット。しかし自分が調べてない場所には思い入れがなくなるデメリットもある。

それが今回紹介する「今治ラヂウム温泉」。こちらは私の担当ではなかった。

今治散策と喫茶1

なんでまたよりによって温泉? この暑いのに? 温泉なんて入る準備ないし、私入りたくないし。あ~あ、もう涼しい喫茶限定でハシゴするだけでよくない? もうやめようよ~ 文句を言いながら渋々ついていくと、寂れ気味の商店街(?)の向こうに、遠くから見ても凄そうな塔みたいな建物が見えるではないか!

あれか!

今治散策と喫茶2

原爆ドームと純喫茶ローレンスを足して2で割ったような強烈なオーラ漂わす洋風建築がそこにあった。

これは後から知ったことだが、道路を挟んで正面から見るとファザードに「ゆ」という文字が入っているらしく、自分で下調べをしていないと、こういう見過ごしもある。

今治散策と喫茶3

この写真が辛うじて見えるかな。

今治散策と喫茶4

どちらかというと下よりも上の方の尖った部分の方にそそられていた。

洋風なんだけどテイストの違うパーツが組み合わさって、整い過ぎてないのが面白い。

今治散策と喫茶5

このへんの窓辺だけ見ると、深窓の令嬢が住んでいてもおかしくないかも…いや無理あるか。

今治散策と喫茶6

上ばかりでなく、そろそろ下にも目を向けてみよう。上の半分廃墟めいた古色蒼然さとはうってかわって、1階はまるで改装したばかりのような新しさ。

エントランスの両脇に神殿調の疑似柱が建っているものの、今治ラヂウム温泉の文字は欠けもない。古い建物だと濁点などなくなってること多いので。

今治散策と喫茶7

風呂に関しては一通りラインナップされている。これもまだ新しく綺麗。

だがこちらの今治ラヂウム温泉は、2014年3月に休業しているのだという。調べたが、廃業したという記述がなかったので、休業状態で再開の可能性もあるのかしら!? 

大正から昭和にかけて建てられた(時期は諸説ある)このモダンな西洋建築は、2016年には国の登録有形文化財にも指定された。第2次大戦中も今治空襲をまぬかれた奇跡の建物でもある。戦後はダンスホールも開かれ…。華やかな場所だったらしい。知ったかぶりして書いてるけど諸々の情報は公式情報facebookから。歴史的な話についてもっと知りたい方はこちらを見てください。ここまでもっともらしく書くのも疲れてきた。

今治散策と喫茶8

ホテル青雲閣・喫茶部」 

こんなのも昔はやってたらしい。できたら現役のときに来たかったが、それでもこの建物は見るだけでも充分感慨深い。あるだけで感謝。

このラヂウム温泉、いわゆる歓楽街にあり、道路を挟んで向かいはなんとも言い難い雰囲気のスナック街になっている。関係者が店の前にいたりで本当に撮りたい写真は取れなかったが、以下。

今治散策と喫茶9

ブリキのとびらとか気になるな~ そしてここでも京都という店名。川崎の風俗街にも京都という“店”があったけど、こういう世界では流行りなのかな?

今治散策と喫茶10 今治散策と喫茶11

ティータイムという平和的なネーミングの喫茶店の看板もあったが、現役ではなさそう。

今治散策と喫茶12

強烈なビジュアルのスナック恵(けい? めぐみ?)

今治散策と喫茶13

これは意外と普通かしら? この辺歩いてるとどうも普通の感覚が分からなくなってくる。

まだ夕方というには早いが、そろそろ早い店は閉店を迎える時間である。今治港の喫茶店にも1軒くらい行きたいが、ほんの少しの距離を歩くのがつらい。万一やってなかったら徒労感が果てしないので、すぐ近くにある綺麗目な喫茶店に入ることにした。

今治散策と喫茶14 今治散策と喫茶15 今治散策と喫茶16

アポ二ー」という自家焙煎珈琲の店。

看板がなかなか魅力的で店内も小奇麗で普段ならスルーするタイプだけど、1965年という老舗で、いざ入ってみたらすごく良かった。冷房もしっかり効いてたし、サービスも良いし、席も広々してるし、清潔感もあるし。いわゆる純喫茶とはちょっと違うけど、好きな店だった。

今治散策と喫茶17

窓からの眺めも良し。

今治散策と喫茶18

焙煎室がガラス張りになっていて、コーヒーの良い香りが漂ってくるのできっと美味しいに違いないが、この暑さで珈琲よりも酸味を体が求めておりレモンスカッシュ。

クールダウンできたところで懲りずにこの後もまだまだ今治喫茶は続く。

利用金額

  • アポニー:レモンスカッシュ 500円
[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

<<【小見川】純喫茶 光洋  | ホーム 【今治】記憶にとどめておきたい風景と純喫茶 (1)>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

Instagram⇒@emu_kei_

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: