2017/07/18(火)  CATEGORY:神奈川県

【横須賀中央】上町にある郷愁を誘うパン屋「ホームベーカリー 浜田屋」

西口方面・上町に舞台を移す。

神奈川県の情報では密かに凄いと思っている方のところで、一度だけ見たパン屋の外観写真が頭から離れず、こちらを目指した。

歩きに歩きまくって駅からふーふー言いながらたどり着いたのが「ホームベーカリー 浜田屋」。

横須賀中央・浜田屋1

ホームベーカリー 浜田屋

神奈川県横須賀市上町4-58

横須賀中央・上町銀座

西口駅前からすぐ坂。上町銀座商店街のアーケードを歩く。

この上町銀座はなかなかにレトロ度が高く見どころ抜群なのだが、何年か前にみっちり歩き回っているので、今回は軽く素通りし、途中の交差点から枝分かれしている中里通り商店街へとずんずん進む。こちらもレトロ的見どころあり。

東口の若松町や米が浜もレトロ要素ありだが、タイプが違う。乱暴な分類をすると、東口側はアメリカ色濃厚なレトロ、西口側は住宅街に密接した生活感のあるレトロ。

そんな分析もPCに向かっている今だから書けることであって、くねくねとしたカーブあり坂道ありで辛い思いしてるそのときは必死で歩みを進めるだけだった。

横須賀中央・浜田屋2

ふっと気付くと今度は下り。視線の先に浜田屋があった。

横須賀中央・浜田屋3

隣の青果店も良い味を出している。色違いのストライプの庇。

横須賀中央・浜田屋4

インパクト大。有無を言わさぬ圧倒的なビジュアル。

看板は潔いほどシンプルで店名のみ大きく主張。堂々たる風格漂う。

いいねえ!

横須賀中央・浜田屋5

アップルパイ推しらしい。

飾り気のない手書きのポップには、国産リンゴ使用をアピール。

横須賀中央・浜田屋6

コロッケパンやピーナツクリームパンなど昔からあるしゃれっけのない素朴なパンが陳列されており、「出来立て」「大ヒット」のポップが躍る。

横須賀中央・浜田屋7

なぜかその後ろにCDだかDVDだかがずらりと並んでるけど、あれも売り物なのかしら?

ところでお店の人はどうしたのだろう?

これは…こっそり隠し撮りをしろという指令だろうか(笑)? そーーっとカメラを向けると、あわわわ! おばあさんが置物みたいにしゃがんでいるではないか!

慌ててカメラをしまい(隠し)、えーーっと…と何か買わねばと商品を眺める。

どれも安く100円代が中心なので、とりあえず試しに買ってみてもと選んだのが下記。いずれも買ってすぐ食べた。

横須賀中央・浜田屋8

お勧めされてたアップルパイ。普通に美味しい。

横須賀中央・浜田屋9

3食パン。

ということは中身は3色入っているはずだが、1個目クリーム、2個目粒あん、そして最後の3個目は粒あん。え~~!? 粒あんが2個? これって3色じゃなくて2色だよね?

ほかほかしてるし、粒あん好きだし、美味しかったから、まあいいか(楽しかったし)。

そして忘れず撮影もさせていただく。隠し撮りなどせずとも、堂々と写真を撮らせていただいた。

横須賀中央・わかやま青果店1

そのまま坂を下る。外観のインパクトでは、隣のわかやま青果店も負けてない。

というかこの交差点一帯はとても人工的に作りだすことのできない本物のレトロな空間。映画のワンシーンに無理矢理登場させたいくらいの魅力がある。

横須賀中央・わかやま青果店2

角を曲がりその先にはトンネルが見えた。その向こう側も気になるけど、あちらへ進むと神隠しに遭ってしまいそうな気がして引き返す。

横須賀中央・角栄堂

その反対側に目を向けると、錆びたトタンの看板に角栄堂という、すでに現役を退いたことは明らかな古い店があり、その先の道へ進むことにした。

横須賀中央・ふじや

何屋さんだったかは忘れちゃったけど、「ふじや」という渋い建物の商店があった。営業中。

浜田屋、わかやま青果店からは少し離れており、その間に店はなかった。私の目から見ると、住宅街の中にぽつんと渋い店が紛れている感じだが、もしかしたら昔はこの一帯が商店街だったのだろうか?

そしてこの後道に迷いつつかなり長い散策が続くのだが、さほど面白みはないので割愛。

横須賀中央・シルバーベーカリー

気付いたら安浦2丁目という交差点にたどり着いた。その手前で「パン*洋菓子 シルバーベーカリー」を見付けた。クラシカルな洋風の格子が窓を覆う立派な2階建ての建物だった。すでに閉店しているようだったが、どんな店だったのか想像してみた。きっと素敵な店あったんだろうな……。

利用金額

  • アップルパイと3食パン 230円
[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

<<【横須賀中央】喫茶 テネシー (2)  | ホーム 【横須賀中央】珈琲専科 自家焙煎の店 Cafe Continue(コンティニュー)>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: