【横須賀中央】茶豆湯(ちゃずゆ) (閉店)

私の眼は節穴か?

茶豆湯」という店名から、千利休とかの茶道の世界みたいな和の響きがして、どうにもピンとこなかった。ゆえにずっとスルーし続けてきた。

しかしこの日のコンセプトは『横須賀中央駅周辺で気になる喫茶店をまとめて回る』というものだったので、意を決して入店することに。

ん、もうやられたわ。凄くいいじゃないの。これまで入らずにいたのは大きな損失だった。

横須賀中央・茶豆湯1

茶豆湯(ちゃずゆ)

神奈川県横須賀市若松町1-8-4
閉店

横須賀中央・茶豆湯2

アクセスは割と良い。横須賀中央駅から徒歩数分。前回紹介した今は無き成人映画館『金星★劇場』のある通りからほんの少しわき道にそれた、ほんのり場末の匂いのする路地にある。

横須賀中央・茶豆湯3

これまで惹かれなかった理由は、茶道っぽい店名にもあるが、看板にも原因がある。中途半端にフォントが新しく、線がこだわりなく適当に感じた。が、いざ入ると決め近寄ってみると、窓の形は瓢箪(ひょうたん)やマラカスみたいでユニークな形状だし、ドアの形までお揃い!

横須賀中央・茶豆湯4

「古闘比伊を淹れてます」なんていう木彫りの札がかかってるけども、もしや古闘比伊ってコーヒーのこと?

当て字にもほどがある(^_^;)。

横須賀中央・茶豆湯5 横須賀中央・茶豆湯6 横須賀中央・茶豆湯7 横須賀中央・茶豆湯8 横須賀中央・茶豆湯9

えーー! なんなのよう、これ!

こんなに素敵だったとは。外観からは想像できない。クレーム入れたい気分。

正統派ではあるけど、それにしては随所に凝り過ぎてるし、ユニークでもある。

しかも広い。中央には入場ゲートみたいなアーチ状のパーテーションもあり、天井は大きくアールを描いている。

カウンターも存在感抜群だった。カーブを描いていて、中の棚にはカップがたくさん並んでいる。あれは実際に使うものなのか、単なる飾りなのか。いずれにしても珈琲店の雰囲気が出ていてよい。遠くから眺めてウットリ。

壁が茶色く染まっているのも地味にポイントアップ。深みというか年季が出ていて良い。これがまっさらの真っ白だったら、多分物足りなかったと思う。

BGMは幻想的で美しい音色のイージーリスニング。

あと、どことなく沖縄の雰囲気だった。

ちなみに私は一度も沖縄には行ったことがない。

横須賀中央・茶豆湯10

コーヒーの種類はいろいろあり迷ったが、店名を冠した茶豆湯アイスド(594円)に決めた。

一応アイスコーヒーだけど、すでにシロップもミルクも入っているので、バリエーションコーヒーの一種なのかしら? 冷えた甘いコーヒーはこの日の私と相性が良く、スーーっと一気に飲み干してしまった。

たしか入口にダッチコーヒーと書いてあった。もしかするとすべてのコーヒーはダッチコーヒー(水出しコーヒー)がベースになってるのかも(未確認)?

利用金額

  • 茶豆湯アイスド 594円
 

8/1発売・書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

あかりのママ

No title
アイスドはアイスブレンドの略語ですかねー。コーヒーとみるくが綺麗に層になっていると嬉しいです。自分では上手くできないんで。

エムケイ

>あかりのママさん
> アイスドはアイスブレンドの略語ですかねー。

多分ですが、アイスドはicedのことだと思います。他の店ではアイスコーヒーをiced coffeeと表記していたので、おそらく。

コーヒーとミルクの層は綺麗に分かれてますね。これはちょっと真似できないですよね。
1年前なので他店と記憶が混ざってるかもしれませんが、「かき混ぜないでお飲みください」と言われたような気がします。
見た目も綺麗ですが、分かれていることに意味があるんでしょうね。
生ビールの泡みたいな意味だったりして?

あかりのママ

No title
アイスドはアイスドコーヒーのことなんですね。横須賀は米軍基地の街でもありますんで、英語の文法的に正しい表記がメニューにも反映されてるのでしょうか。おもしろいです。他の店では英語表記なのも基地の街らしいです。

エムケイ

>あかりのママさん
アイスドはicedのことだと思ってますが、確認してないので定かではないです。
ただ横須賀は喫茶に限らず別の飲食店も英語表記が多いです。
門司港の喫茶店では英語、ハングル語、日本語の3か国語のメニューでした。

あさの

この店は若い頃にデートや友達との待ち合わせやちょっとした一服に入ったものでした。昨年のクリスマスに閉店してしまい私の好きな店がまた一つその灯りを落としてしまい寂しいです。
大滝町三笠ビル商店街の二階のジャズカフェバー「ブルーノート」とこの「茶豆湯」は青春時代の風景に欠かせない店でした。

ちなみに「ブルーノート」は現在若松マーケット(横須賀中央駅)に今は亡きオーナー夫人が再出店されているそうです。当時の趣を残した素敵なお店です。

エムケイ

>あさのさん
はじめまして。こちらの茶豆湯、思い出の店だったんですね。
昨年のクリスマスに閉店!
知りませんでした。信じられないです。

横須賀中央にある喫茶店でも、トップクラスだと思いますし、長年行かなかったことを悔やむほど素敵な店でした。
次行ったら何を頼もうか、と考えてましたが、、、
お店の方も若かったし、まだしばらく安泰と思ってました。
本当に残念です。

「ブルーノート」の存在は知ってますが、夜営業なのでまだ行けてません。
こちらもいつか行きたいと思います。

散人

・・・
こここそ、ずーっとあると疑わなかった。
行ける時に行かなければいけませんね。
2回しかいってない。。。
自分の怠惰を悔やみます。

エムケイ

>散人さん
> こここそ、ずーっとあると疑わなかった。

私もそう思ってました。
なんとなく閉店しなさそうな感じがありました。
どこが閉店してもおかしくないのだと思いました。
非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: