2017/06/14(水)  CATEGORY:京都府

【東野】純喫茶 リリー

京都の人はこの辺を山科と呼んでいる。

それは京都市山科区にあるからという単純な理由ではなさそう。きっと区内でもそう呼ぶ地区とそう呼ばない地区があるんじゃないかと思っているが、それはこの記事の本題ではなくて、タイトルを付ける際【山科】にするか【東野】にすべきか迷い、私にとって自然なのは最寄り駅の方なので【東野】にしたということを、予めお断りしたかっただけである。

では、東野「純喫茶 リリー」を紹介。

京都・東野・純喫茶リリー1

純喫茶 リリー

京都府京都市山科区西野左義長町6

訪問したのは、雲仙でモーニングをした後。雨が降る中傘を差しながら、単調な面白みのない道を延々と歩き退屈だったという記憶が残っている。

高速道路(?)の脇の陰になった目立たない場所にひっそりと、だが魅惑的な外観でそこに佇んでいた。

京都・東野・純喫茶リリー2

ダートコーヒーは和歌山県でよく見かけるが、京都もエリア内なのね。

しかしながら、庇が純喫茶なのに、こちらは≪喫茶≫になってるのが解せないところ。たった一文字ではあるが≪純≫を省略するのには何か意図があるのだろうか?

でも素敵だから入っちゃうけど。

京都・東野・純喫茶リリー3 京都・東野・純喫茶リリー4 京都・東野・純喫茶リリー5

やっぱり素敵!

どこもかしこも全部好き。年輪があり、深みがあって渋い。

椅子がどうだ、照明がどうだ、壁がどうだ、みたいな一つ一つの細部を分析することにさほどの意味はない。全部なの、全部。

実際、落ち着いてみると、カウンターの土台(?)の部分は後から直したのか、北欧カフェなんかにありそうな白木でできてて、そこだけ不釣り合いではあったが、これも年数が立てば良い色合いになって馴染むに違いない。姫路城も今では不自然なほど白いが徐々に落ち着いてくると言われているし。

↓↓↓あと、これ見て↓↓↓

京都・東野・純喫茶リリー6

化粧室!

書初めか?と思うほど立派な毛筆体。

こここそが本物の京都ローカル喫茶だ、と早々に断言したいくらいの京都地元感。

先客はカウンターにおばあちゃん1人。大御所っぽい馴染みまくったオーラ漂わす、超常連客風だが?

我々が入店したのを見て、お店の人を呼ぶと奥から女性が出てきたが、もしかしたら大御所常連客に見えたおばあちゃんも店の人かも?

事実そうだった。大ママなのかしら。カウンターから立ち上がるたびに、「ああ、しんど」が口癖で、後から入ってきたお客さんと老いについて延々話をしていた。

京都・東野・純喫茶リリー7

メニューの表紙は、外の庇と同じタッチで百合の花の絵。

あとこれは偶然なんだけど、この写真、シュガーポットに百合の花が挿してあるように見えない? 奇跡の一枚。

京都・東野・純喫茶リリー8

まだモーニングサービスの時間内ではあったが、お腹いっぱいなので飲み物だけということで紅茶を頼んだら、カップがこれなのはどうして?

でも、こういうアンバランスさもお茶目で好き。

京都・東野・純喫茶リリー9

壁には手書きのメニューが貼ってあるんだけど、ここだけ切り取ると脱力系のゆるい店みたい。でも良いセンス! ひらがなで≪ふろーと≫にすることで全体のバランスが取れている。

京都・東野・純喫茶リリー10

壁には蘭の写真が掛かっていた。

帰り際にマッチがあるか、おばあちゃんマダムに聞くと返ってきたのは、

「そんなん、ないわあ」

利用金額

  • 紅茶 370円

関連記事

[ コメント 2 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

No title
この雰囲気大好きです
2017-06-14 01:27 : おりか URL : 編集
>おりかさん
とても良い雰囲気でした。
私も大好きです。
2017-06-15 22:22 : エムケイ URL : 編集
<<【椥辻】Tea & Rice マリ亞ンヌ  | ホーム 【十条】喫茶室 樹里(ジュリ)>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

Instagram⇒@emu_kei_

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: