2014/04/26(土)  CATEGORY:茨城県

【常陸多賀】佛蘭西館

日立と常陸。読みは同じひたちだが、常陸の方が古そう。常陸国とも言うし。

今回目指す「佛蘭西館(フランスカン)」は、常陸多賀駅から徒歩5分。

佛蘭西館

【常陸多賀】佛蘭西館の全文を読む

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/04/24(木)  CATEGORY:神奈川県

【藤沢】珈琲館 戸田屋

藤沢といえば、「ジュリアン」「」。北口から程近い、細い路地に並ぶ、珠玉の純喫茶。

ところが、藤沢は北口だけじゃないんです。うっかり見落としていた南口。

こちらもまた素敵。「珈琲館 戸田屋」。

珈琲館 戸田屋

【藤沢】珈琲館 戸田屋の全文を読む

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/04/22(火)  CATEGORY:金町・亀有近辺

【亀有】ニュー幌馬車 (閉店)

喫茶店の食事は、そこそこだと思っていた。

すごく不味くもなければ、飛び抜けて美味しいわけでもない。でも、喫茶店というのは、そういうものではないかと。

ただ、純喫茶巡りを続けていくと、真面目に味を追求し続ける店にたまに出会う。

たとえば、亀有の「ニュー幌馬車」。

ニュー幌馬車

【亀有】ニュー幌馬車 (閉店)の全文を読む

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/04/17(木)  CATEGORY:茨城県

【日立】珈琲館 和蘭豆 (らんず)

日立市では大きな壁にぶち当たった。

開店時間。どこも遅い。せっかくだから目一杯楽しんでやろう、と頑張って早い時間に来たのに、全然意味なし。予定していた店はどこも開いてないし、純喫茶ウィーンは11時半開店。

仕方なしに1時間近くその辺で時間を潰したが間がもたず、ウィーンの近くにある「珈琲館 和蘭豆 (らんず)」に入った。

珈琲館 和蘭豆

【日立】珈琲館 和蘭豆 (らんず)の全文を読む

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/04/16(水)  CATEGORY:茨城県

【高萩】美留区

エクセレント!

JR常磐線高萩駅前「美留区」。高萩は「たかおぎ」ではなく、「たかはぎ」。

色遣いはビビッド、店名もキラキラネームっぽい当て字(リアルに女の子の名前にありそう)。

一見したところヤンキー調だが、扉を開けると、思わず感動! 外観からは想像できない、素敵な空間が広がっていた。

美留区

【高萩】美留区の全文を読む

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/04/14(月)  CATEGORY:茨城県

【日立】珈琲の店 理理 (リリー) (閉店)

覚えているだろうか?

昨年秋、茨城県日立市に行ったことを。そして、王道のゴージャス純喫茶ウィーンを訪問したことを。

実はあの後、日立駅に戻る途中、もう1軒の純喫茶に寄った。

珈琲の店 理理

【日立】珈琲の店 理理 (リリー) (閉店)の全文を読む

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/04/09(水)  CATEGORY:東京都下

【つくし野】軽食喫茶 コナ

今回は頂いた情報を元に、田園都市線。

目指すは、つくし野駅前「軽食喫茶 コナ」。女性らしく可愛らしい外観の喫茶店。

軽食喫茶 コナ

【つくし野】軽食喫茶 コナの全文を読む

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/04/07(月)  CATEGORY:静岡県

【富士宮】コーヒーショップ らんぶる (L'ambre)

富士宮と聞いて思い浮かべるもの。

筆頭はB級グルメ「富士宮焼きそば」。そして、世界文化遺産「富士山」。さしずめ、こんなところでしょうか?

……いや、まだまだ。というか、富士山、焼きそばなど綺麗さっぱり忘れていい。富士宮には超ド級の素晴らしい純喫茶がある。もう純喫茶遺産に認定したいくらい。

昭和35年(1960年)創業。50年以上の老舗。その名も「らんぶる」。

らんぶる

【富士宮】コーヒーショップ らんぶる (L'ambre)の全文を読む

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/04/02(水)  CATEGORY:日暮里・三河島・町屋近辺

【三河島】カフェテラス ウィーン (2)

長年同じ場所で営業している純喫茶には、その土地のエキスが凝縮されている。中でも三河島の純喫茶は濃い。

個人的なお気に入りは、「カフェテラス ウィーン」。

三河島に来たなら、まずはここに入るべし。

カフェテラス ウィーン

【三河島】カフェテラス ウィーン (2)の全文を読む

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
| ホーム |

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: