• 隅田川の近くにある言問橋西交差点は変形して見えた。五差路というヤツである。私はこれがどうも苦手。できうる限り直角で、碁盤の目状であって欲しい。が、思わぬ出会いがあるのもこの五差路であった。 この五差路は見晴らしが良く、スカイツリーがきれいに見えます。ついつい写真を。ここは人気のスポットなのか記念撮影するグループ、携帯写メするサラリーマンがいました。 観光客がうろついてる交差点ではありますが... 続きを読む
  • やっと暖かくなってきました。暑くもなく。散策に最適な季節です。 その上、この日は雨もなく風もなく。稲荷町から浅草、隅田川を渡り、押上に向かって歩きました。 スカイツリー目前で、いきなり出会ったのが「喫茶 珈生園」。うっかり通り過ぎてしまいそうになりました。... 続きを読む
  • バスで移動中。車窓から目撃した。 「南長崎1丁目交差点 喫茶店ヴィオレ 植物で鬱蒼としている」 咄嗟にメモ。ただ、それっきりで、しばしヴィオレのことは忘れていた。 が、このところ池袋に用ができ、急に思い出して来てみた。西武池袋線で一駅隣の椎名町に。 雨降る午後。車がゴウゴウ走る交差点。区境でもあり、通りの向こうが新宿区でこちらは豊島区。ヴィオレは要塞のように数多の植物に覆われていた... 続きを読む
  • 純喫茶を探している途中で出会った国道駅。今度は鶴見線に乗りたいな。あー、でも本数が少なそう。時刻を調べておかないと。純喫茶はあるのかな? 次回の散策をわくわくと想像しながら鶴見駅に戻る途中、「クリッパー」に出会う。 歩き疲れてお腹も空いていたので、良いタイミングだった。... 続きを読む
  • 鶴見駅西口は以前何回かに分けて散策しましたが、東口は手付かずでした。タイミングよく大口純喫茶を教えてくれたH様より、鶴見駅東口エリアの純喫茶を数軒ご紹介いただきました。 ざっくりとした位置を頭に入れ、現地で右往左往するのが私のスタイル。 目的地を目指して道に迷うことが好き。余計な道を無駄にうろうろしたいのです。思わぬ発見をすることも多々あります。ブログ名にはこういう意味もあったりして。この... 続きを読む
  • 私の抱いていた赤羽のイメージ。 「孤独のグルメ」に登場する朝っぱらから営業している飲み屋。昼間から呑んだくれがフラフラしている。そんな感じかな、と。ロクに来たこともないのにね。 ただ実際散策しても、見かけるのは圧倒的飲み屋。レトロで昭和風情漂う小路には、「ミルクホール」の看板のかかった飲み屋もあった。「喫茶」に駆け寄れば、カラオケ喫茶ばかり。 ところが、所詮偏ったイメージ。あっさり覆さ... 続きを読む
  • 浅草なのに、なぜ銀座? 「銀座ブラジル」は新仲見世通りにある珈琲専門店。靴屋「シカゴ」の2階。 昨年のこと。tomcatさんが作成した「浅草マッチリスト」を片手にやってきました。住所、営業時間、定休日が一覧になっており、浅草純喫茶めぐりのお供となっております。 銀座ブラジルにもマッチがあるとのことで、数年ぶりの再訪問。... 続きを読む
  • あの時行っておけば。失ってから後悔するとはよく言うけど。 だから、小岩。南口の「モルダウ」は2年以上前に行ったきりでした。失礼だけど、「次来た時にはもうなかったりして」と思ったりもした。 閉店してても、もはや驚くまい。というより、気持ちに予防線張ってるんでしょうね。おそるおそる来てみると、まだやっていた!!!... 続きを読む
  • 東武曳舟駅を利用していたことがある。駅の案内板が「東武スカイツリーライン曳舟駅」になる前のことだ。「コーヒーショップ はなや」は駅のホームからも見える。だが、存在は知らなかった。 ホームから見えるということは逆もまた真なり。大きな窓からは東武の電車がよく見える。 初めて訪れたのは日中。明るい窓際の席で何本も電車が通り過ぎるのを眺めて過ごした。 それから1年以上経ってしまったが、夜に再び。... 続きを読む
  • 鶯谷といえばホテル街でもある。「コーラル」はラブホテル「プリンセス」の隣。(コーラルというホテルどこかにありそう…) 過去1回モーニングでお世話になったことがあります。サンドイッチが美味すぎた。 急に食べたくなり鶯谷へ。 今回は通常時間での利用。わりと半端な時間の午後。... 続きを読む

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: