• 純喫茶好きなら、「邪宗門」を知らないとモグリである。 起源ともいえる国立店は2008年12月に閉店したが、それでも全国7店は絶賛営業中。ちなみに私はここ最近、すっかり荻窪店の常連になってしまいました。 ということで、2011年下半期は邪宗門を極めるのが目標。全国制覇、したい、しよう、とは思っていますが、まずは東京都内から。で、「世田谷邪宗門」である。... 続きを読む
  • 大阪に行ったのは、かれこれ4ヶ月ほど前。ぽつぽつ訪問レポを書き綴ってきましたが、これが最後の1店です。実際、この後すぐ新大阪駅へ向かい、帰りの新幹線に飛び乗りました。文字通り。発車2分前にギリギリ乗車と冷や汗ものでしたが、これまた良い思い出。 「純喫茶 スワン」は以前ご紹介した「純喫茶 田園」と同じく、阿倍野のアーケード商店街にあります。... 続きを読む
  • 「ナギサコーヒー店」の周辺を歩くには少々はばかられた。うーん。なんだか歯切れが悪いな。こうなったら、ハッキリ言おう。風俗店に囲まれたいかがわしい場所なのだ。無料案内所もそばにあるし。そのせいもあって昨夏は足を踏み入れることができなかった。... 続きを読む
  • パッと見、こげ茶と白。潔く渋い。 高円寺北中通りの「珈琲専門店 ボニー」。... 続きを読む
  • なんだか一気に昨年の棚卸をしているようだが、こちらも昨夏訪問。現在も営業しているかは未確認。平塚駅北口から歩いてそこそこのアーケード商店街で見つけた喫茶店。赤い看板とカウボーイの少年が印象的。少年の名前がルークなのだろうか?とりあえず、「ルーク」。... 続きを読む
  • 季節は夏だが、訪問はかれこれ1年前。さて、こちらは私の得意な熱海市。とはいっても、熱海駅からガックリ電車の本数が減る伊東線に乗り換え、3駅目。網代(あじろ)という駅で降りる。 不景気とはいえ、「腐っても熱海」は人も多く栄えていた。が、こちら網代といえば…。 非常にのどかな駅前風景だった。純喫茶もすぐにいくつか見つけた。どこに入ろうか悩んだ挙句、可愛らしい店名の「喫茶 ことり」に決めた。... 続きを読む
  • 西荻窪には喫茶店が多い。雑誌掲載など世間的露出度では「ダンテ」の独壇場だが、地元愛され度では「それいゆ」が結構イイとこ行くんじゃないかと思っている。かくいう私も西荻での喫茶店利用率はここ「それいゆ」が群を抜いて高い。... 続きを読む
  • 「アルプス洋菓子店」は駒込駅からすぐ。重厚かつ高級そう。私が常日頃、呪文のように唱えている「怪しい純喫茶」とは違ったタイプの敷居の高さ。 この日は日曜で、駒込のめぼしい純喫茶がどこもかしこもお休みだった。外暑いし、休みたい。でもチェーン店じゃ駒込までわざわざ来た意味がない。いちいち自分に言い訳しつつ、入ることにした。... 続きを読む
  • 素朴な見た目に騙されてはいけない。私なんぞが紹介せずとも、その筋に割と知られた店。『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)の「きたなシュラン」でも紹介された輝かしい経歴をお持ちである。私は放送を見ていないが。 念のために「きたなシュラン」について説明。構えは汚いが味は美味しい店、のこと。... 続きを読む
  • 東京大学の前、本郷通り、といえば純喫茶密集エリア。「ルオー」「万定フルーツパーラー」「ボンナ」といった珠玉の純喫茶が連なっている。そして、「こころ」。夏目漱石の小説が店名の由来。これまで旧字体の「こゝろ」に気後れして入らずじまいだったが、今日は絶対入ろう!と意気込んでやってきました。... 続きを読む

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: