2017/02/06(月)  CATEGORY:福島県

【いわき】スナック喫茶 ハーバー

THE いわきっくす 2015(最終回)

いわきで訪れた喫茶店をすべて掲載すると宣言していたが、2軒残したまま中断していたのを思いだしたので、さっそく再開。

この日はいわき→内郷→植田の順に電車で移動し、午後4時に再度いわきに戻り、「スナック喫茶 ハーバー」を訪問。ハーバー感のある喫茶店だと勧められていた。

いわき・ハーバー1

【いわき】スナック喫茶 ハーバーの全文を読む

[ コメント 4 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/10/26(水)  CATEGORY:山形県

【米沢】カレー&COFFEE モカ

米沢では3軒入ったが、このうち一番印象に残っている純喫茶を紹介したい。

外観はまさに70年代。完璧好みの「カレー&COFFEE モカ」。

山形・モカ1

【米沢】カレー&COFFEE モカの全文を読む

[ コメント 4 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/10/25(火)  CATEGORY:山形県

【山形】喫茶 白十字

山形では、もう1軒の純喫茶も訪問した。

喫茶 白十字

山形・白十字1

【山形】喫茶 白十字の全文を読む

[ コメント 2 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/10/20(木)  CATEGORY:山形県

【山形】八文字屋本店

福島&山形では、純喫茶が少ない分、純喫茶以外から魅力を見出す良い機会となった。

山形・八文字屋本店1

【山形】八文字屋本店の全文を読む

[ コメント 6 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/10/17(月)  CATEGORY:山形県

【山形】COFFEE ラヴ

福島だけでなく山形も負けず劣らず純喫茶が少ない。

これから紹介する「COFFEE ラヴ」は、山形においては貴重な朝から営業する純喫茶で、駅からも近い。

奥羽本線で米沢8:02着、米沢名物 牛丼弁当「牛肉どまん中」を横目にホームを移動、8:06発の電車に乗り換え、山形駅に8:51到着。真っ先に向かった。

山形・ラヴ1

【山形】COFFEE ラヴの全文を読む

[ コメント 2 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/10/13(木)  CATEGORY:福島県

福島の早朝、喫茶は不作だが散策は楽しい。

郡山以上に福島の喫茶店は朝が遅い! 早朝から営業している純喫茶がなかった。

福島東口散策

福島の早朝、喫茶は不作だが散策は楽しい。の全文を読む

[ コメント 6 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/10/07(金)  CATEGORY:福島県

【福島】自家焙煎 珈琲グルメ

郡山市、二本松市、福島市。

福島県内3市を行ったり来たりした挙句、「自家焙煎 珈琲グルメ」で1日を締めた。

福島・珈琲グルメ1

【福島】自家焙煎 珈琲グルメの全文を読む

[ コメント 4 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/09/28(水)  CATEGORY:福島県

二本松バイパスドライブイン

二本松は純喫茶不毛地帯だったが、ドライブインには恵まれていた。

これって、実はスゴイんじゃないか? 純喫茶も絶滅寸前だが、ドライブインの方がレアな気がする。

二本松ドライブイン、二本松インタードライブイン、二本松バイパスドライブイン。どれも名前が似ていて紛らわしいが、二本松には3軒のドライブインがあった。このうち一番面白そうな年中無休24時間営業の「二本松バイパスドライブイン」に行った。

二本松バイパスドライブイン1

二本松バイパスドライブインの全文を読む

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/09/27(火)  CATEGORY:福島県

二本松には純喫茶があるのか? ないのか?

この夢とロマンが詰まった外観を見て欲しい。

なかなかそそられるではないか。郡山から福島に向かう途中二本松で下車し、「花ぐるま」という純喫茶を目指した。

だが、やってるのか、やってないのか、ただの見掛け倒しの店なのか、それとも知られざる名店なのか。

二本松・花ぐるま1

二本松には純喫茶があるのか? ないのか?の全文を読む

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/09/20(火)  CATEGORY:福島県

モナミの悲劇

純喫茶目的で遠征する際、特に宿泊が伴う場合には、大きな動機というものが必ずある。

「この純喫茶に行きたい!」と駆り立ててくれる存在である。それも一軒ではなく複数。

今回でいえば、「純喫茶 モナミ」がそのうちの一軒だった。

郡山・純喫茶モナミ

モナミの悲劇の全文を読む

[ コメント 4 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
| ホーム | 次のページ>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: