• 純喫茶の良さは入ってみないと分からない。 何百万回言われ続けているだろうか? ウンザリするほど使われ手垢の付いた言葉だが、事実なのだから仕方ない。私自身純喫茶巡りをしてきて、これまで何度となく経験してきた。 銚子で純喫茶巡りをして戻りがてら途中下車した、小見川駅前の「純喫茶 光洋」もそうだった。... 続きを読む
  • 前回と前々回に渡り多古町の喫茶店を紹介してきたけども、そもそも多古町を訪れた目的は、喫茶店そのものというよりは、どんな町なのか見てみたいという純粋な好奇心が原動力だった。 正直丸一日かけて回るほど見どころがあるわけではなく、ほんの何時間かの滞在時間だったが、私が見て感じた「多古町はこんな町」について書いてみたい。 (写真は多古町役場)... 続きを読む
  • 多古町では2軒の喫茶店に入った。 「穂高」を出た後、写真を撮りながら散策をしていると、一際歴史ありげな国登録有形文化財の「木内家」という古い建物を見かけ、そこから道なりに歩いていくと、もう1軒の喫茶店「セピア」にたどり着いた。... 続きを読む
  • 生粋の千葉県人でもここは知るまい。 その名も多古町。ここは鉄道の駅が一切近くにない、本物の≪陸の孤島≫。「銚子や房総に行くくらいの人なので大丈夫ではないかと思って」と読者の方からお勧めされた。東京からのアクセスもいくつか教えていただき、成田空港第2ターミナルビルからシャトルバスで向かった。 バスに揺られること25分、多古町役場前で下車し、まず1軒目に訪問したのが「軽食&喫茶 穂高」。... 続きを読む
  • とにかく遠い! それが第一印象。京成大和田駅から徒歩20分以上という激遠い「珈琲専門店 コロンビア」を昨年訪れた。現在では営業していない可能性もあるが、記録としてここに残しておきたい。... 続きを読む
  • 役所の近くに純喫茶あり。 これもウインズあるところに純喫茶あり、と同じく純喫茶探しの法則。今回は千葉県で一番栄えている船橋にて散策。2軒の純喫茶が並ぶ路地が船橋市役所の近くにあった。... 続きを読む
  • ここは本来入る予定ではなかった。 けど電車まで時間が余ってしまい、散策がてらにもう1軒見に行くだけ…のつもりが、魔がさしうっかり入ってしまった。そんな誰しもが一度は経験する純喫茶巡りあるある。... 続きを読む
  • ここまで来ると完全な南房総。 房州弁の「あいさ」と「あんが」の応酬飛び交う会話を聞きながら、安房勝山駅前の「軽食&喫茶 佐知」へ。... 続きを読む
  • 上総湊で唯一の純喫茶。... 続きを読む
  • しばし内房線に揺られ上総湊で下車。 もちろんこちらにはお目当ての純喫茶がある。ただし営業時間も定休日も不明。 木更津を発つ前に営業確認の電話をしようとは思っていた。でも東口で公衆電話を探したところ、電話機が撤去され空のボックスだけが取り残されていた。ただでさえ電話をするのは苦手なのに、より一層気が重くなり、ダメならダメでもいいかなという気分に…。一度はその純喫茶の実物を見てみたいし、とりあ... 続きを読む

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: