2017/03/30(木)  CATEGORY:三重県

華やかなりし鳥羽をしのぶ (3) 鳥羽一番街の喫茶店「チェリー」

鳥羽では、まだ喫茶店に入ってなかった。

鳥羽パールビル名店街と鳥羽マリンターミナルが目的とはいえ、一軒も入らないのはやはり寂しい。

一応何軒かピックアップしているが、段々と外が暗くなってきて歩き回る気分ではなくなったため、一番手近な喫茶店を目指した。駅前の鳥羽一番街へ。

鳥羽一番街1

華やかなりし鳥羽をしのぶ (3) 鳥羽一番街の喫茶店「チェリー」の全文を読む

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/03/28(火)  CATEGORY:三重県

華やかなりし鳥羽をしのぶ (2) 鳥羽マリンターミナルと龍宮城

来るべき日のための予行演習というか下見。

三重行きに際して色々調べていたところ、直前になって新情報が浮上。鳥羽の離れ島の神島が、かねてより私が恋焦がれていた江戸川乱歩の小説『パノラマ島奇談』のモデルになった島かもしれないという説。これには本当に心がぐらぐらと揺れ、いやぐつぐつ煮えたぎり、どうにか行けないか? 旅のプランを根こそぎ覆しかねない勢いだったが、冷静に考えると、神島は待ってくれるが純喫茶は待ってくれないという現実。嗚呼。両者を天秤にかけ、今回は純喫茶を優先してしまった。

でも見に行くだけでもいいじゃない? 鳥羽マリンターミナル。ここから神島行きのフェリーが出る。

鳥羽マリンターミナル1

華やかなりし鳥羽をしのぶ (2) 鳥羽マリンターミナルと龍宮城の全文を読む

[ コメント 2 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/03/22(水)  CATEGORY:兵庫県

手柄山交流ステーション・モノレール展示室

手柄山中央公園内でもう一箇所。

手柄山交流ステーションの2階・モノレール展示室にも入ってみた。姫路モノレールの車両が展示されているスペースで入場無料。

手柄山交流ステーション・モノレール展示室1

手柄山交流ステーション・モノレール展示室の全文を読む

[ コメント 2 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/03/20(月)  CATEGORY:兵庫県

【手柄】くるくるまわる喫茶店・回転展望台「手柄ポート」

お目当てはこちら。

姫路市の手柄山中央公園にある回転展望台「手柄ポート」

ずっと恋焦がれていた。だって見て見て、この完成されたビジュアルを。夢がそのままここに詰まっている。もう好き、好き、大好き。素晴らし~~い!

手柄ポート1

【手柄】くるくるまわる喫茶店・回転展望台「手柄ポート」の全文を読む

[ コメント 4 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/03/18(土)  CATEGORY:兵庫県

【姫路】コーヒーショップ リヨン(RIYON)

姫路レポが中途半端だったので再開。

茶房大陸で姫路名物・アーモンドトーストとコーヒーをいただいた後、もう1軒の純喫茶に向かった。

姫路・リヨン1

【姫路】コーヒーショップ リヨン(RIYON)の全文を読む

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/03/14(火)  CATEGORY:三重県

最果ての地・尾鷲 (3) その他

特急の往復券を買ったはいいが、尾鷲の街がどの程度のものか予想がつかなかったので、少し他も回ってから帰りの指定をすることにした。

純喫茶磯の後すぐに向かったのが、 「フルーツパーラー乙女」。

尾鷲・フルーツパーラー乙女1

最果ての地・尾鷲 (3) その他の全文を読む

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/03/13(月)  CATEGORY:三重県

【尾鷲】純喫茶 磯

三重県を縦断し拾った宝物。

八方美人的な言い方をすると、訪れた喫茶店には全部それぞれ良い所があるのだが、その中でも飛び抜けて突出していたのが2軒。いずれも三重県、というよりはもっとピンポイントの狭い範囲で、その土地らしさが凝縮された純喫茶だった。もう1軒は後に語るとして、まずは先に出会ったこちらから報告しよう。

尾鷲の誇り「純喫茶 磯」。

尾鷲・純喫茶磯1

【尾鷲】純喫茶 磯の全文を読む

[ コメント 4 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/03/09(木)  CATEGORY:三重県

最果ての地・尾鷲 (1) 松阪から出発

行くよ、行く、どこまでも。

ここまで来たら、前進あるのみ。松阪からはJR紀勢本線に乗って尾鷲を目指す。とはいえ、さすがに尾鷲は遠い。ぎりぎりまで迷ったけど、台風もこないみたいだし、やっぱり行っちゃおう。

最果ての地・尾鷲1

最果ての地・尾鷲 (1) 松阪から出発の全文を読む

[ コメント 2 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
| ホーム | 次のページ>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: