2017/09/15(金)  CATEGORY:大阪府

【谷町九丁目】喫茶 みさ

とうとう来たよ、亀甲壁の店「喫茶 みさ」へ。

この日は和歌山に行く予定で、その前にこちらの純喫茶でモーニング。

谷町九丁目・喫茶みさ

【谷町九丁目】喫茶 みさの全文を読む

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/08/08(火)  CATEGORY:大阪府

【京橋】純喫茶 スワン 京橋店

ここなら遅くまでやってるに違いない。

大阪純喫茶巡り1日目の締めに訪れたのは、環状線京橋駅前にある「純喫茶スワン京橋店」。

姉妹店の阿倍野店は純喫茶遠征初心者だった頃訪問しており、その時いつかは京橋店にも!とギラギラした野心を燃やした。しかし日常の生活に戻るやいなやもの凄い勢いでその情熱の火は小さくなってしまい、気付くと何年も経っていた。忘れかけてた頃やっと願いが叶った。

純喫茶 スワン京橋店

【京橋】純喫茶 スワン 京橋店の全文を読む

[ コメント 4 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/07/09(日)  CATEGORY:大阪府

食道園 宗右衛門町本店

純喫茶巡りをするなら和歌山は最高。しかし夜は大阪の方が断然楽しい。

賑やかすぎて、人多すぎて、暑苦しくて、ときに大阪は疲れることもあるけど、そのあり余ったパワーが元気を与えてくれることは確か。

次々と店が閉まり暗くなっていく和歌山から南海特急に乗り1時間後には、一転ギラギラネオンの大阪ミナミへ。ああ、テンション上がる!

向かうは凄いと噂の「食道園 宗右衛門町本店

食道園 宗右衛門町本店

食道園 宗右衛門町本店の全文を読む

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/05/16(火)  CATEGORY:大阪府

【天下茶屋】コーヒーショップ マル屋

大阪市西成区にある「コーヒーショップ マル屋」。

純喫茶マニアだったら誰もが知る、そのスジでは有名なレトロ喫茶である。いつか行かねばと温めて早7・8年。やっと憧れのマル屋へ!と期待に胸膨らませ訪れたのだが、心の準備はしていたものの、あまりの衝撃で…記事を書くのをやめようとまで思ったが、気が変わった。書いておきたい。

天下茶屋・マル屋1

【天下茶屋】コーヒーショップ マル屋の全文を読む

[ コメント 2 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/03/31(金)  CATEGORY:大阪府

【大阪港】喫茶 玉一

渋くて好みだった。

1年前に訪問した大阪港「喫茶 玉一」がふと思い出されたので、去りゆく時と共に消えゆく記憶をここに留めておきたい。

大阪港・玉一1

【大阪港】喫茶 玉一の全文を読む

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/05/08(日)  CATEGORY:大阪府

【梅田】King of Kings(キング・オブ・キングス)

ここもいいよね。

大阪駅前第1ビルの地下にある「King of Kings(キング・オブ・キングス)」。

梅田・King of Kings1

【梅田】King of Kings(キング・オブ・キングス)の全文を読む

[ コメント 4 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/05/07(土)  CATEGORY:大阪府

【東梅田】TEA ROOM アリア

何度思い出しても、ときめく。

大阪で出会った純喫茶が素敵すぎて、書きたい気持ちが沸々と湧き上がってきたので、この機会に。

東梅田にある「TEA ROOM アリア」。

東梅田・アリア1

【東梅田】TEA ROOM アリアの全文を読む

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/08/04(月)  CATEGORY:大阪府

【新福島】喫茶 すとおりい

キューピットという飲み物をご存知だろうか?

知ってる!という方は、関西在住もしくは関西出身者かも。

キューピットは大阪で生まれ、1970年代に関西でブームになった。その正体は「カルピスコーラ」。カルピスをコーラで割った、知ってしまうと、なーんだ!な飲み物である。

喫茶 すとおりい

【新福島】喫茶 すとおりいの全文を読む

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/07/02(水)  CATEGORY:大阪府

【新福島】PINE (パイン)

再開発は東京だけでなく、大阪でも同じこと。

正直、再開発の是非について私には分からない。スクラップ&ビルドはある種宿命だとも思うし。

ただ、ひとつ言えるのは、再開発エリアにある純喫茶は行くなら今!ということだけ。

今回訪れたのは中之島5丁目「PINE (パイン)」。

PINE (パイン)

【新福島】PINE (パイン)の全文を読む

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
| ホーム | 次のページ>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

Instagram⇒@emu_kei_

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: